マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】≪バタフライ≫膝を真っ直ぐにしてキックをすると・・・実は体幹を使う!


こんにちは。

久し振りにバタフライという
種目について考えましょう。

皆様はバタフライのキックと
いうとどうやって動かそうと
しますか?

ジムで実際にあったことを
お話しします。

バタフライが進まないという
話から始まったのですが・・・

よくコーチは膝を曲げずに
キックをしてくださいという
ことをいいます。

間違いではないです。

キックを打つときにあまり
膝を曲げすぎると抵抗を
受けるので、まっすぐに
したほうがいいです。

だけど、本来は完全に
膝を曲げるのではなくて、
柔らかく膝をしならせるように
曲げるのが正解です。

完全に膝を伸ばした状態で
キックしたらクロールのキック
を記事にしたときもお伝え
しましたが、キックが固くなって
しまい、進まなくなってしまうの
です。

とはいえ、足に集中してしまうと
余計にキックが出来なくなって
しまうのです。

そこで、どうしたらいいのでしょう。

実は私に相談された方は、キックも
脚に集中しすぎてたのもあるのです
が、頭を突っ込み過ぎというのもあり
ました。

皆さんはどうやってこの問題を解決
するでしょうか。

私が伝えたことは一つです。

突っ込み過ぎというのは、まず頭が
動いていることになるし、足に集中
しているということは、足しか動いて
いないということになります。

わかりましたか?

動かすのは頭でも足でもないのです。

動かすのは鳩尾です。鳩尾から動か
して身体をうねらせます。

鳩尾だけ動かせばOKです。

鳩尾は足に繋がっている(正確には
足と手に繋がっている大事なもの)
ので、自然に動くようになるのです。

ブログ記事で書いているだけなので、
皆さんの泳ぎを見ているわけでは、
ありませんので、原因が鳩尾が動いて
いないというだけではないかもしれ
ません。

ですが、ヒントになれば良いなと思い、
ご紹介してみました。

大抵のスポーツクラブのコーチは
そういうことを言わないかもしれません。

でも、注目するところは胴体なのです。

体幹は胴体部分のことを指しますが、
まずは体幹を強化するのではなく、
足や手が繋がっているので、胴体から
どうやって動かしているのか、胴体の
どの部分を動かせば楽に手や足が
動くのか、そこから考えていくと良い
かなと思います。

胴体をどのような角度に動かすか、
前後に動かすか、左右に動かすか
まずはそこを考えると良いかもしれ
ません。

これが体幹をうまく使っていくという
ことにも繋がっています。

この体幹が強くなれば、なるほど
胴体をうまく使うと力もアップします。

だけど、まずは体幹を強化という
よりも胴体をどのように動かせば、
スムーズに進むようになるのか、
楽な泳ぎが出来て足と手が動く
のかを考えることが大事だと
思います。

また、バタフライなので無理に
キックで腰をそらせようとすると
腰が痛くなります。

鳩尾を動かすだけならば、
あまり腰を反ることもないので、
負担はかかりません。

ちなみに私に相談した方は、
楽になったといっていました。

ただ、これはあくまで一例です
ので、皆さんに合うかはわかり
ません。

一度、試してみて合わないよう
ならば、捨ててしまうのもありです。

いろいろな考え方や理論があります。

その中の一つの考えでしか
ありません。

まずはいろいろな方向から試して
見て自分に合ったものを見つけて
いきましょう。



VIEWのスイミングゴーグル特集
です。渡部香生子が使用している
ゴーグルメーカーでもありますね。


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから

楽天市場でのご購入はこちらから


いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。