マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】≪その他のスポーツ≫意外と!?重要な足首の柔軟性、力が入っていませんか?

こんにちは。


↓本日の内容です↓


足首に力が入ってしまうと、
脚全体にも力が入ってしまう


足首に柔軟性を持つと動かし
やすい


3388-450x337




足首、意識していますか?


足首ってあまり気にしない
ことが多いと思います。

しかし、水泳だけではない
のですが、脚がすぐ疲れて
しまうなんてことありませんか?

私は特に水泳や階段で起こります。

足が重いというか・・・

私の場合は水泳がきっかけで、
気付いたのですが、足首が硬い・・・

それで、調べてみたら足首に
柔軟性がないと重くなり、下半身が
疲れやすくなるとのことでした。

足首が硬いというのは、脚全体に
力が入っている状態になっています。

力が入っていたら、疲れやすくなるのは、
当たり前ですね。

かといって力を抜く方法がわからない・・・
緩めるってどうすれば良いのか・・・

ここで、足首の柔軟性が必要になって
くるのです。

手首はぶら~んとすぐに力を抜くことが
出来るのですが、なかなか足首は、
力を抜くということが出来ないんですよね。

力を抜く感覚を覚えるには、足首の
ストレッチも重要なのですが、足首を
自由に動かすことで柔軟性が出て
きます。

このやり方は私が陸上でクロールのキック
を練習するときに行うものなのですが、
このやり方で足首の動かし方を理解する
ことで、力を抜く感覚が得られます。

まず、仰向けになって脚を上げてブラブラ
と動かします。

その時に足首が動いているのかを確認
してください。

足首を動かしながら脚をブラブラさせて
くださいね。


今、話題のストレッチで体を柔らかく


もっと体を柔らかくするために、
ストレッチも大切なのですが、
今、最も言われていることが、
骨ストレッチです。

ストレッチもやり方によっては硬く
なってしまうので、しっかりストレッチの
知識を持つのも良いかもしれません。


楽天市場でのご購入はこちらから


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから


いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。