マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】簡単なようで実は一番難しい基本姿勢


こんにちは。


水泳をやる上でまず最初に
確認しなくてはいけないのが
基本姿勢です。


この基本姿勢が出来ていなければ、
水の抵抗を防ぐこともできますし、
速くきれいに泳ぐことが出来ます。


確かに水泳ではストローク
ローリングなど、細かくいろいろ
あります。


その動かし方もすごく大事だと
思うのですが、その細かい
やり方に関しては4スタンス理論
あるようにどの部分が一番、力が
入って水が押しやすくなるのかなどが
あるので、個人個人で自分に合った
やり方を見つけるのが一番だと思い
ます。


しかし、水泳における基本姿勢に
関しては、私が実際に行った経験上、
4スタンス理論のスタンスで行うと
水の特性が活かせず、沈んでしまう
と感じました。


そのため、基本姿勢に関しては
ストリームラインをしっかり作ることが
必要です。


しかし、この基本姿勢が一番難しい
のです。


本当のストリームラインって何で
しょうか?


よく、お腹を凹ますと言いますね。


お腹を凹ますのは良いのですが、
胸を張るとも言われます。


だけど、胸を張るって凄く体が
窮屈になります。


だから、胸は張らなくていいので、
お腹を凹ますことが重要です。


というと、無理にお腹を凹まして
力が張り過ぎてこれも沈んで
しまうことになります。


そこで、いろいろ調べたら、
重心を踵の内側あたりに
置くと良いと書いてありました。


また、腰を上げることを意識する
と良いということだったので、やって
みるけど・・・


難しい・・・(^^;)


けのびはストリームラインで基本姿勢を
作るのは、まず初心者が行う練習です。


しかし、この基本姿勢を作ることって
意外に難しいのです。


初心者は正しい基本姿勢で浮くことを
重視しています。そのため、浮けるように
なったら、ステップアップしていきます。


でも、上級者は浮くことの確認だけでは
いけません。一番良く浮く位置がそれぞれ、
あると思いますが、そのときの重心はどこに
あるのかをしっかり確認しなくてはいけないし、
けのびで12.5m以上進むにはどうするのかも
考えなくてはいけません。


私はうまくいくと12.5mはできるのですが、
この感覚がまだつかめず、確実ではない
のです。


掘り起こすと、けのびという一つの動作も
奥が深く凄く難しいということが良くわかります。


できるなら、けのびで25mいければ更に
GOODですよね。


もっと基本姿勢の時の使い方を体に覚え
させることが大事なのかもしれません。


4スタンス理論

楽天市場でのご購入はこちらから

Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから


ゴーグルVIEWの特集

Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから

楽天市場でのご購入はこちらから


いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。