マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】≪自己啓発≫いろんな方向から泳ぎを見極めよう!


こんにちは


水泳ライフ楽しんで
いるでしょうか?


水泳だけを考えていても
限界がきてスランプとなって
しまうことがあります。


そのような場合は、水泳では
なく違うところから泳ぎを見極める
ことが大切です。


その一つが、前回お伝えした、
別のスポーツをすることです。


別のスポーツをしたり、見たり
すると、その動きが水泳に
ヒントをくれます。


そして、水泳をテーマにした
理論ではなく、スポーツ全部に
共通する体の使い方の理論を
勉強したりすることでも、ヒントが
隠されているときもあります。


また、修正したい部位とは別の
部位を利用して、修正したい部位を
修正していくこともヒントになることが
あります。


もちろん、ストリームラインを確認する
のもOKです。


修正をかけてもしっくりこないという
時もありますね。


理論で言えば、修正してもなんとなく
違和感があるときは、姿勢と呼吸に
問題がある可能性もあります。


クロールや背泳ぎといった泳ぎの
フォームではなく、ストリームラインの
基本姿勢です。


ただし、ストリームラインをするだけ
ではダメです。


初心者の方はストリームラインを作り、
浮くことを目的としますが、中級から
上級者は浮くことを目的としては意味が
ありません。


では、中級や上級者は何を感じなければ、
いけないのかというと・・・


どの部分に力が入っているか、入って
いないのか。


下半身を浮かせるには、どのように
体重を乗せるか、ストリームラインで
どのくらい進めるようにするかなども
考えなければなりません。


水泳は体重移動が多いので、
体重移動ができないと推進力は
少なくなります。


しかし、この体重移動の時の姿勢にも
パターンがあるようです。


私は理論を勉強しようと4スタンス理論
というものに注目しました。


詳細はこちらから本をお読みください。


私もまだ、読んでいる最中なので、
詳しくは説明できません。


ですが、4スタンス理論により、自分の
タイプがわかり、タイプ別の姿勢や
握り方などがあるそうです。


このタイプ別の姿勢をとらないと、
身体が窮屈でのびのびと運動が
出来ないようです。


このタイプというのは生まれつき
持っているものなのだそうです。


4スタンス理論というのは、まだ
最近知られるようになったばかり
です。


だから、このタイプを知らずに
スポーツをしていた方が大多数
だと思います。


ご自身に合ったタイプのやり方を
すれば、スポーツは向上すると
いう考え方です。


日本では特にそうですが、指導者も
また、型にはめて指導することも
多いです。


私はあまりそれは好きではないので、
最近、何か聞かれてもその人の泳ぎ
を尊重しようと思って、否定はしません。


やはり、指導はその人に合った指導が
一番なので。


ただ、一致しないことも事実です。


私も泳いでいて、自分はぎこちないのに
それでいいと言われる場合もあります。


それでは一致していないので、指導者も
自分も考えなくてはいけないのです。


もし、行き詰ってしまったら、視点を
変えてみましょう。



Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから


楽天市場でのご購入はこちらから


いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。