マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】水泳と呼吸 呼吸にも自分に合うやり方を見つけることが重要です


こんにちは。


基礎練習をまたし始めた
頃でしょうか?


水泳に限らずなのですが、
スポーツをする上で一番
必要とされているのが呼吸
です。


呼吸は吸うよりも吐くほうを
重視したほうが良いと言われて
います。


水泳においても呼吸は大事で
いろいろな方法があります。


基本的に水泳はブクブク~
パァーっと教わると思います。


ですが、慣れてきて、ある程度
レベルが上がると呼吸についても
疑問点が出てくるのも事実です。


ただし、ご自身にあったやり方が
一番良いので、そのやり方を
見つけたほうが良いと私は
思っています。


私は私なりに考えて息継ぎした
ときの呼吸法を試してみました。


本来のブクブクパァーッと行うと
顔を上げた時になかなか吐くことが
出来ません。


そのため、ハァ~と吐くと息も吸い
やすくなります。


顔を上げた時は息を吸うために
上げるという意識を持っていると
思います。


でも、吐かないと吸えないんです。


だから、本来のブクブクパァ~と
行う時も実は、パァ~と顔を上げて
吐いています。


ですが、パァ~だとなかなか吐け
ないので、ハァ~とため息をつく
ようにすると吐きやすいです。


また、顔を上げた時に意図的に
吸ってしまうと逆に苦しくなって
しまうので、やはり吐いたほうが
良いです。


吐いたら、自然と吸うことが出来る
ので、顔を上げた時も吐くことを
意識的にしたほうが良いと私は
結論を出しました。


もし、苦しいと感じている方は
ぜひ、お試しください。


また、

呼吸泳本―呼吸を変えるだけで速くなる




上記の本ではフォームではなく
呼吸を意識した泳を解説して
います。


やはり、一番は呼吸が大切
ですからね。


呼吸法に特化した水泳の
本も珍しいですよね。


ふと、思ったのですが、
呼吸が一番大事なのに
意外とサラッと流して
しまう本って多いですよね。


大事ならもっと詳しく呼吸も
取り上げれば良いのにと
思ってしまいます。


呼吸だけならたくさん本は
ありますが、筋トレ、体幹
スポーツにおいても大事と
言われているのにも関わらず、
スポーツに関する本では
あまり呼吸法を重視した
本はありません。


気功とか武道では呼吸の
ことは重視しているようですが、
他のスポーツに関しては、
結構、呼吸法について詳しくは
書いてないですよね。


だから、この呼吸泳法は
とても呼吸のことが詳しく
なっているので良いと思います。


楽天市場でのご購入はこちらから


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから


いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。