マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【自己啓発】ゾーン状態に入るためにはリラックスが大事!集中力を高めよう!


こんにちは。


スポーツに仕事に趣味に・・・
集中力が必要になる場面は
多くありますよね。


だけど・・・


集中力がない!!!!


と嘆くことはありませんか?


しかも・・・趣味で行っている
ものなら周りが気にならなく
なるくらい集中力があるのに・・・


おかしいですよね。


でも、実は趣味を行っているとき
というのは、リラックスしていませんか?


と言われても実際、リラックスしている
のかなんてわかりませんよね。


趣味を行っているときは、楽しかったり、
ワクワクしたり、嬉しかったりと心が
踊るような気分になりますよね。


いい気分になっているはずです。


この状態がリラックスを作るのです。


リラックス状態を作ると集中力が
増すのです。


だから、楽しいことを考えながら、
行うとリラックスと集中力が増す
かもしれませんよ。


また、トップアスリートの中でよく
聞くゾーン状態とはどんなことを
指すのでしょうか。


ゾーン状態とは緊張とリラックスの
バランスが良く集中力が高まって
いる状態をいいます。


このゾーン状態に入るとかなりの
集中力が高まります。


これも作ろうと思ってできるわけでは
なく、やはり、緊張の中でもリラックス
できるとゾーン状態に入ります。


ゾーン状態になると、いろいろと
不思議なことが起こるようです。


よく、自己啓発でリラックス状態を
作れと言われますが、その時に
必ず出てくるのがハイヤーセルフと
いうものです。


ハイヤーセルフは詳しくは、解明
されていません。しかし、リラックス
状態を作っていると、もう一人の
自分がメッセージをくれる大事な
ものです。


これはリラックス状態になり直感が
冴えてくると現れてきます。


このような状態がゾーン状態に入る
とできるようです。


とはいいえ、必死にやろうとしても
ゾーン状態には入れません。


ゾーン状態は作ろうと思ってできる
わけではないので、リラックス状態を
作っていることが大切です。


まずはリラックスができるように楽しい、
喜び、ワクワクなど良い気分でいられる
状態でいることが大事です。


ゾーンに入る技術 (Forest2545Shinsyo 34)




こちらの本でゾーンに入る方法を解説
していますが、やはりリラックス状態を
作ることで、ゾーンに入っていくと思う
ので、ゾーン状態に入ることを意識
しても逆に逃げていきます。


このゾーン状態も実は、自己啓発
いうとアドラー心理学アドラー心理学
元になっている引き寄せの法則という
ようなことと繋がっています。


常にリラックス、良い気分でいることを
意識的に作ることで、自然とリラックス
出来ます。


また、リラックス状態を作るには毎回
お伝えしているので、飽きた方もいる
かもしれませんが、腹式呼吸でも
リラックスします。


確かに体と心は繋がっているので、
体を鍛えれば心も鍛えられますが、
ストレッチなどをして体をほぐし、
リラックスするのと同じように心も
ほぐし、リラックスすることが必要
ですが、意外と心のリラックスを
することを忘れています。


心もしっかりリラックスすることを
忘れずにいきたいですね。


あふーショッピングでのご購入はこちらから


楽天市場でのご購入はこちらから


いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。