マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】スカーリングで水をとらえる確認をしましょう


こんにちは。


水泳ライフ楽しんでいますか?


自己ベストを出したい、勝ちたいと
いう気持ちも大事ですが、良い結果を
得るには楽しむことです。楽しんだり
嬉しさやワクワク感があることで良い
結果を招いてくれます。


ということで、嬉しいこと、楽しいこと
ワクワク感を感じながらトレーニングを
してくださいね。


さて、水泳のトレーニングで、なかなか
難しいスカーリングという動作。


このスカーリングって何の意味があるの?


という方も多いかもしれませんね。


先日はスカーリングをやっていても、
クロールや背泳ぎなどで、どう活か
せるのかがわからなくて、コーチに
質問したという話を聞きました。


普段行うスカーリング動作は
うつ伏せの状態から前で行う
スカーリングだと思います。


でも、このスカーリングって
横の動きになります。


平泳ぎではなんとなくこの動作に
似たような感じがあるので、平泳ぎ
ではなんとなく理解できるかもしれ
ません。


正式にはミドルスカーリング
いいます。


動画があまり良くないのですが、
スカーリングの練習というとこの
ミドルスカーリングが一番多く
練習します。スカーリング
基本系です。


ミドルスカーリング動画はこちら


えっ?スカーリングって他にも
あるの?


はい、実はあります。


ですが、一番の基本のミドル
スカーリングについて述べたい
と思いますので、他のスカーリングは、
また機会があればお伝えします。


このミドルスカーリングですが、
重要なポイントは手の平を使い
ますが、開くときは親指の付け根
あたりから水を押して外側に開き
ます。


そして内側にまた水を押していくの
ですが、内側に押すときは小指の
付け根あたりで押していきます。


この動作が凄く重要なのですが、
これが出来ていないことが多いです。


この動作は横に8の字を描くように、
あっ、∞←この記号を描くようにと
いったほうがわかりますかね(笑)


このとき、指先は下に向けたほうが
かきやすいです。


よく指先を前に伸ばしたまま行う
方が多いですが、指先を床底に
向けて行ったほうが進みます。


この動作が速くなれば、水を
とらえるのも素早くできるように
なります。


すると、速く泳げるようになります。


このミドルスカーリング、泳ぎに
どう動かすのでしょうか?


クロールではまず、かきはじめから、
お腹あたりまで持ってくるときに
水を押しますね。


この時は小指の付け根から水を
押します。


お腹あたりから腿を通って後ろへ
プッシュするときは親指の付け根
から水を押します。


どうでしょうか?


スカーリングの動作をしっかり
取り入れていますよね。


そう、スカーリングの練習するときは、
横の動作になりますが、実際泳ぐとき
には、縦にスカーリング動作が行われ
ます。


背泳ぎは頭の上から書き始めるときに
親指の付け根で押し、脇腹あたりから
腿に向かって押すときは小指の付け根
から押します。


背泳ぎでもスカーリングの動作が
できました。


すると、だいたい、平泳ぎやバタフライ
でも、スカーリング動作が、どこで
使われるのかわかってきたでしょうか?


ポイントは親指の付け根で水を押す
ときは外側に開き、小指の付け根で
水を押すときは内側に押します。


これで泳いでいるとき、どこで
スカーリングの動作が入るのかを
確認できますね。


平泳ぎとバタフライはご自身で確かめて
みてくださいね。


水泳練習メニューで、基礎練習も忘れずに
行ってくださいね。シーズンオフになりました。
練習メニューがたくさん掲載されています。
ご自身で組み立てて、ご自身が弱いと思った
ところを強化していってくださいね。


スカーリングは確認のために行いましょう。


といっても、スカーリングのポイントさえ
理解していれば、スカーリングだけの
練習はしなくてもいいかなと思います。


泳ぎの中でスカーリング動作を確認
出来ればOKです。


スカーリングは何故必要なのかと
いうと抵抗になる波を防ぐために
必要な動作なのです。


だから、うまく水をとらえて波の抵抗を
なくすことが出来れば、水が凹むので、
推進力が増します。


水の特徴も理解しておくと、更に
泳ぎ方が変わって、より速くなる
かもしれませんよ。


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから


楽天市場でのご購入はこちらから


いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。