マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【体幹】改めて基本姿勢を確認しましょう!基本姿勢はできていますか


こんにちは。


本日は2度目ですね(笑)


さて、体幹トレーニングに
ついてはしつこいくらいに
このブログでも記事にして
きました。


もう、飽きてきたころだと
思うし、そろそろ慣れてきて、
姿勢が乱れてくる頃なのかな
と勝手に思っております(失礼)


そこで、今日は体幹トレーニングの
基本姿勢をもう一度、確認して
から体幹トレーニングをしましょう。


基本姿勢覚えていますか?


最近、私もあれこれとこだわり過ぎて
結局、わからなくなって自分の泳ぎが
出来なくなっています。


また、このブログ記事にもいろいろ
書きすぎてしまっていて、記事の
本題のテーマからずれていることも
あるので、今回はシンプルに体幹
トレーニングの基本姿勢だけを
お伝えします。


体幹トレーニングの基本姿勢って
なんでしたっけ?


と、思った方はすぐに確認をしましょう。


基本姿勢が出来ているか、できていない
のか、その違いだけで脂肪燃焼しやすく
すると言われる効果も、姿勢が良くなる
という効果もお腹がスッキリすることも
全て変わっていきます。


体幹の基本姿勢は、ズバリ!!


ドローインです。


ドローインは覚えていますか?


まずは頭のてっぺんから、ひもで
引っ張られているイメージで姿勢を
整えます。


ここから横隔膜を動かし、吐きながら
お腹を凹ませていきます。


体幹全体を使っていくドローインに
したいので、私なりにアレンジを加えて
います。


お腹を凹ませる時の注意点はあくまで
力を入れずに自然に凹ますようにして
いきます。


そのためには横隔膜からまず凹ませる
イメージを持ち、だんだんとお腹へと
移動させて凹ませるようにしていきます。


吸うときはお腹を膨らますというのが
ありますが、ポイントは吐くことなので、
吸うときはあまり意識しないで良いです。


しっかり吐くことに意識を持てば、自然と
吸うことが出来ますし、自然にお腹も
膨らみます。


だから、吐くことを意識しましょう。


ここで吐く時の注意点です。


吐きながら、横隔膜を凹まし、だんだん
お腹のほうが凹んでいくときなのですが、
背中まで動いていると感じたらOKです。


横隔膜からお腹まで凹ませていくときに
背中にくっつくイメージを持ってもらうと
良いかもしれません。


はい、これで、私が記事にした腹式呼吸
背中呼吸が自然とできるわけです。


横隔膜もしっかり動いているので、横隔膜
の呼吸法にもなっています。


どうですか? 意外にできないぞという
方は立ちながら、ドローインの練習を
何度もしましょう。


そして、慣れたら水泳をベースに考える
なら陸上でストリームラインを作り、
ドローインをやってみましょう。


かなりきついことがわかります。


窮屈ならば、腕の位置が違っている
場合があります。


ストリームラインとドローインで確認
していきましょう。


もっと詳しくドローインを知りたい方は

こちらからドローインのやり方を勉強
してみてくださいね。


ちょうど、体幹トレーニングに繋がる
ドローインのやり方を解説しているので、
ドローインから体幹トレーニングへと
取り組みやすくなっています。


何事も基本姿勢からですよ。


基本姿勢を見直すのは、水泳だけで
なく体幹トレーニングでも同じことです。


体幹トレーニングでも基本姿勢を
見直して自分の感覚で、違和感が
あったら、新しい発見ができてるの
かもしれません。


その違和感に注意すれば、より
最高のパフォーマンスができる
ようになりますよ。


基本姿勢をやらなくなってしまった
貴方、今からが勝負です。
しっかり鍛えておきましょう!!


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから


楽天市場でのご購入はこちらから


いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。