マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【自己啓発】≪水泳≫完全呼吸で横隔膜を動かすと酸素をしっかり取り入れることが出来ます


こんにちは、カーミンです。


腹式呼吸というのは、奥が深く
胸式呼吸もまた調べれば深い
のです。


そこで、勘違いしてしまうことは、
腹式呼吸も空気を入れるところは
お腹だと思ってしまうことです。


胸式でも腹式でも空気を入れる
ところは肺です。


以前も書きましたが、横隔膜が
上下に動くことで自然とお腹が
動くのです。


といっても、以前、記事には書いて
なかったので付け加えておくと・・・


身体の中を解剖するわけには
いかないので、動きが見えない
のですが、吸うときに持ち上げる
と前回お伝えしました。


でも、実際は横隔膜はお腹のほうに
下がります。


これは体の中の動きです。


ただ、見た目は吸うときに横隔膜が
上に動いているように見えます。


この横隔膜がお腹のほうへ押し下げ
られることで腹圧がかかり、体幹
トレーニングは定番のドローインが
できるのです。


そこで、疑問なのが腹式呼吸
胸式呼吸なのかということなの
ですが、横隔膜を上下に動かすと
いうのは、ヨガでいうと完全呼吸と
いう呼吸法がありますが、それに
近いのではないかと私は考えて
います。


結局、ポーズによっては胸式呼吸の
ほうがやりやすいというのもあるよう
です。


でも、酸素をたくさん取り入れて
疲労度を少なくするためには、
胸式で行うと酸素があまり取り
入れることができません。


だから横隔膜を大きく動かし、
お腹のほうに押し下げ、肺に
たくさん、空気を入れることが
できるので、酸素をたくさん
取り入れることが大切に
なります。


また、そこでこの時は胸式呼吸で
行うともいうし、腹式呼吸で行う
ともいいますので、ごちゃごちゃに
なってしまうんですよね。


私も呼吸に関しては、一体どっちの
呼吸が良いんだと悩むことが多い
です。


そこで、ふと自分で鏡で確かめながら、
横隔膜を動かすことに注目しました。


よく見てみると横隔膜を動かすことで
胸とお腹も動いています。


ということは、完全呼吸なのだなと
考えました。


完全呼吸とは胸式呼吸と腹式呼吸
同時に行うというやり方です。


ヨガでは普通にある呼吸法です。


この完全呼吸法でリラックスできて
更に脂肪燃焼、姿勢の改善なども
できるのではという結論に至りました。


これを水泳でも活かそうと、意識して
みると姿勢が良いということだったので、
完全呼吸が一番良いのかもしれません。


体のバランスもとれそうですしね。

呼吸法を学ぶとより呼吸のやり方が
スムーズに楽にできて健康になるかも
しれません。


ここで、難しいのは丹田呼吸と腹式呼吸
です。


意識するところが違うようですが、基本は
腹式呼吸なのです。


でも、これも結局は完全呼吸で行えば、
丹田呼吸にもなるのかなぁと思ったり・・・


呼吸に関しては勉強すれば勉強するほど、
難しいです(^^;)


楽天市場でのご購入はこちらから


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。