マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】そろそろシーズンオフ!シーズンオフは基礎練習が大事



こんにちは。


スイミングライフ楽しんでいますか?


そろそろ水泳はシーズンオフとなります。


このシーズンオフ時のトレーニングが凄く
重要なのは皆様、知っていると思いますが、
基礎練習していますか?


それこそ、初心者が練習するキックや
ストリームラインの確認、きちんとやった
ほうが良いです。


片手ストロークスカーリングでも確認
することが大事です。


と、これは水中でのトレーニングです。


水中トレーニングは確かに必要ですが、
水中だけだと限界があります。


シーズンオフは陸上トレーニングも
取り入れましょう。


陸上トレーニングで、できないものは
水中では余計にできません。


陸上トレーニングというのは体幹
トレーニングだけではないです。


というより、体幹トレーニングは
水中トレーニングと合わせて、
普段からやるトレーニングです。


陸上トレーニングというのは、
筋トレも含みます。


そう、自体重でトレーニングする
だけでなく、マシンでトレーニング
することも取り入れたほうが良いです。


また、陸上トレーニングというと筋トレや
体幹トレーニングを想像しますが、それだけ
でなく陸上でストリームラインの確認や
スカーリングの動きの確認、4泳法の
ストロークの確認などもできます。


陸上で確認し、きちんとできていなければ、
水中では浮力があるのでやりにくいために、
できるようにはなりません。


この基礎練習、レベルが上がれば上がるほど、
初心に戻れなくなって、やらない方が多いので、
ここで油断してしまうのです。


レベルが上がって基礎練習を改めて行うと
今度はこの動きはこういうことだったのかと
感じることもできますし、新発見があります。


新発見があれば、より速くきれいな泳ぎに
なりますよね。


だから、基礎練習が大事になってきます。


また、頭で考え、身体で感じながら泳ぐと
以前、このブログでも記事にしましたが、
体幹トレーニングや陸上トレーニングなど
でも頭で考え、身体で感じることが大事
です。


感性を鋭く持ってトレーニングすることが
大事ですし、理論をしっかり頭に入れて
おくことで、どのように体を動かせば、
力が分散されるのかなどもわかって
くるのでよりスムーズな動きができる
ようになります。


基礎から覚える水泳でしっかりともう一度、
確認して、しっかり練習ししましょう。


こちらは陸上トレーニングではありませんが、
水中でもしっかり基礎練習ができる内容と
なっております。


ここで、頭を固くして基礎練習だから、もう
当たり前にできるからやらない、初心者向け
だったら意味がないと油断してトレーニング
しない方は、シーズンを迎えた時にベストは
出ません。


基礎練習は飽きることもあるし、実際、レベルが
上がってくるとやりたくなくなります。


私もそうですから。でも、我慢して基礎練習を
しています。


大事だとわかっているからです。


基礎練習がどれほど大事なのか、理解できない
方は水泳においての体の動きや浮くときの科学的な
理論などを勉強していないとわかりません。


とくに日本人はそこまで考える方は、なかなかいません。
どうしてもコーチの指示に従うだけの練習になって
しまうからです。


私の練習のモットーは頭で考え、身体で感じて
トレーニングするということです。


それで、コーチが浮くようになった、水に乗れている、
姿勢が良くなったと言われるようになり、自分もそう
感じていれば、コーチと自分の思っているフォームが
合致しているということなので、自信をもってそれを
維持していきます。


でも、自分が浮くようになった、姿勢が平らになった、
水に乗れていると感じても、コーチが変わっていないと
いえば、これはただの自己満足です。


私は自己満足にはなりたくないので、これからも
勉強していきます。


そして、また、こちらでも記事にしていきたいと思って
おります。


少しでも頭で考え、感じながらトレーニングをして
いけるようになっていただければ、幸いです。


柔軟な頭と感性がものすごくトレーニングをして
いくうえで大事なんだと思います。


トレーニングを通して記事にしていますが、これは
仕事においても大事なことだと思います。


トレーニングを通して、仕事でも活かせれば、更に
GOODですね。


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから


楽天市場でのご購入はこちらから


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。