マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】≪クロール≫細かいキックとストロークのバランス


速くなるためには、キックで
スピードを上げることが水泳
の基本です。


4泳法全てにおいてキックで
ピッチを上げることが可能です。


バタフライや平泳ぎはストローク
キックのバランスはとりやすいのです
が、意外とクロールと背泳ぎはバランスが
とりにくいです。


その理由は常に足を交互に動かすキック
だからです。


バランスがとりにくくなっています。


158177


クロールでのキックとストローク
バランスがとれるようになると、
背泳ぎにも応用ができます。


よく、クロールや背泳ぎでキックと
いうと、6ビート、4ビート、2ビート
があります。


また変則キックもあります。


しかし、このビートを意識しすぎると
むやみなキックとなってしまうことも
あります。


速く泳ぐためにキックのピッチを
上げると細かいキックになって
いきます。


そうすると余計にビートが刻めなく
なります。


腿からキックを打ちなさいと指導
されることが多いと思います。


そのため、振り幅を大きくして
キックしてビートを刻む練習を
しているため、細かくキックを
しようとなると、できないのです。


細かいキックというのは、振り幅を
狭くすることが大切です。


そしてビートについてですが、最近は
ほとんど変則キックが多いです。


あるところでは6ビート、あるところでは
2ビートと組み合わせて泳ぐことが、
今は主流です。


でも、キックばかりを意識していると、
ストロークとのバランスがとれません。


そこでビートを刻むというよりはリズム
で覚えてしまうと良いかもしれません。


ある本によれば、ズンッ!タッタッという
リズムだそうです。


といってもわかりにくい(笑)


ドーン、トントントン


キックをリズムで表現するのは難しい
ですね(^^;)


でも、イメージ的には強いキックを
打ってから細かいキックの繰り返し
です。


しかし、ストロークとキックが合わな
ければ、バランスもとれなくなって
しまいます。


そのため、手の入水時、かき終わって
手が水の中に戻って伸ばすときに、
キックを打つことでバランスをとります。


この時に何回、キックを打つかは
それぞれ、違ってきます。


これが2ビートだったり、4ビートだったり
6ビート、もしくは変則キックです。


しっかりとストロークとキックを合わせる
には、入水時にキックがオススメです。


と言っている私も実は、いざ泳ぐとできて
いません(笑)


上手くいくと推進力がまた変わってくると
いうことも体感するのですが、まだまだ
癖がついていないようです。


さて、まだまだ、大会は続いていると
思いますが、これから冬に入ると、
トレーニングの見直しやトレーニングを
一からやり直す季節になっていきます。


競泳水着 練習用を使用して冬は泳ぎ
込みという方もいらっしゃるとおもいますが、
ぜひ、競泳水着のメンテナンスもお願い
いたします。


やはり、ずっと着用していくと競泳水着にも
寿命がきます。


スイマーにとっては愛用していた分、寿命が
くると寂しいものですが、ありがとうと感謝の
気持ちを込めてメンテナンスをしていきましょう。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。


楽天市場でのご購入→競泳水着 レディース

楽天市場でのご購入→競泳水着 メンズ

Yahoo!ショッピングで購入→競泳水着レディース

Yahoo!ショッピングで購入→競泳水着メンズ