マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】ブレスト(平泳ぎ)の息継ぎのタイミングが早過ぎる?!



皆様、突然ですがブレストの
息継ぎ速くなっていませんか



水泳の息継ぎのタイミングは
これまでも何度か記事にして
きました



でも、息継ぎのタイミングは
意外と難しいものです



瀬戸大也はバタフライを得意と
していますが、あの瀬戸大也
さえも息継ぎのタイミングが早く
なってしまうときがあります






swimming_hiraoyogi




息継ぎのタイミングは遅らせる



タイミングは早くしようとすれば、
するほど苦しくなります



そして、ブレストは特にスピードが
他の種目と違って遅くなります



だから余計に早くしようとします。


実は・・・それがさらに速く泳げません



息継ぎで一番大事なところは、
顔の上げ始めです



ブレストでは手の平を外側に
開いていくときに顔を上げ始める
方が多いです



それでは苦しくなるばかりだし、
伸びも少なくなり、水の抵抗も
多くなります



更にスピードが余計に遅く
なってしまいます



では、どのタイミングが良いのか
というと、言葉で説明するのは
難しいのですが・・・



手のひらを外側に開いて手を
胸の前に持ってくるのと同時に
顔を上げます



胸の前に持って来たあとに息継ぎ
すると、遅くなります


できれば、胸の前にもってくるときに
水を少し抑えると呼吸がもっと楽に
なります


平泳ぎ以外にもそうなのですが、
水を押すときが一番、息継ぎは
しやすいです


水を押したときは水の波が凹む
ので、息継ぎがしやすくなります


同じコースに何人か泳いでいて、
息継ぎのタイミングを間違えると、
人のしぶきを顔にかぶり息ができず、
苦しくなることがあります



私も良くやります



これも、実は正しい息継ぎの
タイミングであれば、抑える
ことが出来ます


タイミングが早くなるときというのは、
トップスイマーでもあることです。


焦れば焦るほどタイミングは速く
なってしまいます



なので、メンタル面もすごく影響
します



焦れば焦るほど息継ぎのタイミングが
早くなってしまい、崩れてしまいます
からね



でも、練習すればメンタルは鍛えられて
いきます



もちろん、それだけではなくメンタル面の
トレーニングも必要になりますが



ということで水泳のメンタルはどうやって
鍛えるのか勉強できる本があります



水泳のメンタルトレーニングの
本はこちらをクリック



私は水泳のメンタルではなく総合的な
メンタルトレーニングは研究したことは
ありますが、水泳に特化したメンタルの
トレーニングはまだ研究していないので、
私も研究しないといけませんね



さて、自分に鞭を打って頑張ろう



だけど、ほどほども重要ですね



生真面目な方は特に追い込み過ぎ
てしまう傾向があります



私もですが・・・



だから、同時にリラックス方法ももっと
学ばないといけませんね


楽天市場でのご購入はこちら


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちら