マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】水泳と体幹・・・ストリームラインが体幹をつくる



こんにちは



突然ですが、正しいストリームライン
作れていますか



正しいストリームラインを作るために
正しい体幹トレーニングができて
いますか



swimming_butterfly



現在のストリームラインと今までの
ストリームラインは少し違っています



現在と今までのストリートラインの
違いを昨日、水泳の練習をしている
ときにインストラクターが教えてくれ
ました



現在と今までのストリームラインが
違うことは知っていて意識はして
いたものの、やはり修正してくれる
インストラクターはいなかったので



自分の感覚でしかわからなかったのですが、
ようやくコツを覚えました



今までのストリームラインはどうだったのか
簡単に書くと、背筋をぴんと伸ばすために
身体が少し反る姿勢だったんです



この姿勢は水の抵抗を受けやすくなります



これに対して今のストリームラインは水平に
なる姿勢で、山なりになります



下半身が浮き、上半身の位置が下がる感じ
になります



今までのストリームラインは腕を伸ばしたときは
耳の後ろと言われていて肩甲骨も閉じているのが
基本の姿勢でした



しかし、現在の姿勢は腕を上に伸ばしたときに
肩甲骨は開くのが基本となっています



また、お腹は力が入り過ぎないようにお腹を
凹ませることが大事です



お腹を意識すると力が入りすぎるので、
お尻を意識すると良いです



お尻を閉めて前に少し出します



というのは骨盤が後傾しがちです


そのため、腰が反りやすくなります



なので、骨盤を前傾させるのです



全てを意識するのは難しいので、
まずは手を伸ばしたときには、
肩甲骨を開いて骨盤前傾させる
ことを意識すると良いかもしれ
ません



体幹トレーニングに関しても基本的な
姿勢はストリームラインと同じようです



ですから体幹トレーニングをする前、
水泳を練習する前にストリームラインを
作ってみると良いかもしれません



また、骨盤おこし運動をすると良いかも
しれません


骨盤おこしは体幹トレーニングをするのと
同じくらい重要らしいです



骨盤おこしエクササイズは骨盤を前傾
させて姿勢を整える方法がたくさん掲載
されています



体幹トレーニングは必要だということは
何度も記事にも書いていますが、骨盤を
おこし、前傾させることが体幹と同じくらい
重要だというのは昨日知りました



体幹トレーニングで腰を痛めることがある
場合はもしかしたら骨盤が後傾している
かもしれませんね


ご自身でチェックする場合は、壁に頭、踵、
お尻をくっつけてみて腰と壁の隙間に手を
入れてみます。


その時に手が入ってしまったら悪い姿勢です


手が入りにくいほうが良いのです


皆さんもぜひ、骨盤にも気にかけてみては?




楽天でのご購入はこちらから


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから