マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】背泳ぎが苦手?!実はそれはキックと姿勢にあるかもしれません


世界水泳2015が終わって
いろんなところで瀬戸大也
特集が組まれていましたね。


瀬戸大也は背泳ぎが苦手・・・
ということで背泳ぎを強化して
きたのですが、背泳ぎの弱点が
ビックリするくらい、私の背泳ぎと
同じ・・・

swimming_butterfly

実は瀬戸大也のコーチは
瀬戸大也の得意なバタフライの
呼吸のタイミングがいつもと
違っていたけれど、ウォーミング
アップの時はタイミングが合って
いたので、見逃していたと言います。


そのため、200バッタ(バタフライ。以後
バッタ)と200個人メドレーではいつもの
泳ぎができなかったけれど、400個人メドレー
ではきちんと修正してきて、本番でもいつもの
泳ぎができたそうです。


でも、もう一つ苦手な背泳ぎを強化したという
のもあるのです。


今回、強化した背泳ぎができて差をそんなに
離されないレースをしていました。


3388-450x337



さて、弱点は何だと思いますか??


ちなみに私も背泳ぎが苦手でその
理由も実は、瀬戸大也と同じです



正解はキックと姿勢なんです。


上記のイラストが結構、わかりやすかった
ので載せましたが、水面近くで姿勢を保って
います



ところが、瀬戸大也は強化する前は
お尻が落ちており、沈んでいました。


背泳ぎの姿勢は足は下げたほうが良い
のですが、お尻まで落としてしまうと水の
抵抗を受けてしまいます
。そのため、お尻は
落ちないように水面近くまで持ってくる
ことが
大切になります。


とはいうものの、この姿勢をつくって保つのは
かなり大変です。


その為に必要なのはズバリ!体幹です。


瀬戸大也は背泳ぎはキックが弱いと
思って、キックを強化しようとしました。


しかし、先ほどお話ししたようにお尻が
落ちて沈んでいたため、キックも強化
できなかった
のです。


そのためにお尻を落とさずにキープできる
力が必要でした。


そのキープできる力が体幹なのです。


そこで瀬戸大也体幹トレーニングを
やり始めて、4か月でお尻が上がり、
キックもしやすくなったようです。


要するにキックをするときや姿勢を
支えるには身体の中(コア)の部分が
必要
なのです。


これがまた、私の背泳ぎもまさにこれ


キックが弱いうえに姿勢もお尻が下がって
います。


これは体幹力がない証拠です・・・


もし、姿勢が沈んでいたりキックが
重く感じたら、体幹力が弱っている
せいかもしれません。


水泳の体幹トレーニングでは水泳の
ための体幹トレーニングがたくさん掲載
されています。


体幹といっても、それぞれスポーツによって
体幹トレーニングも様々です。


水泳の体幹を鍛えたいのに、実は水泳には
関係ない体幹トレーニングをしていても
意味がありません。


なるべく水泳に近い姿勢で行うのが、水泳の
体幹を鍛えるには最適です



なかなか水泳の体幹トレーニング法がないので、
水泳の体幹トレーニングは凄く参考になります。


ちなみに自宅で行うので、バランスボールなどは
ないので、仰向けになって足を45度くらい上げて
バタ足をし、股関節と腸腰筋を動かして体幹
トレーニングしています。


仰向けで行うオーソドックスな体幹にちょっと工夫を
加えたりもしています。


体幹トレーニングでパワーアップしてタイムを上げて
いきませんか?


楽天市場でのご購入はこちらから


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから