マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】平泳ぎはキックとストロークを合わせるのは難しい・・・その理由は腕と足が分離しているからです


渡部香生子、200m
平泳ぎ金メダルおめでとう
ございます!!


リオ内定しました!!!


世界水泳2015はベストを
更新したけどメダルには
届かず・・・


また、良い泳ぎができなくて
悔しい思いをした選手もいる
のですが、いよいよ大詰め
になりました


swimming_hiraoyogi



皆様こんにちは。
カーミンです。


いつもお読みいただき
ありがとうございます。


改めて渡部香生子が平泳ぎで
金メダルをとったということで、
平泳ぎのキックとストローク
ついて一緒に考えていきませんか?


平泳ぎでの進まないという悩みの
一つはキックが進まないということ


平泳ぎは一番足首の柔軟性が必要
です。


しかし、これまた難しく足の裏だけで
蹴ろうとして足首に柔軟性があっても
これ、また進まない・・・


どうすればよいかというと、足全体を
使ってお腹で蹴るという意識
をもって
蹴ると進みます。


平泳ぎはストロークだけだとあまり
推進力がないので、キックが大事

なるのですが・・・


ストロークとキックを合わせるのが
大変なのです


渡部香生子をはじめ、トップスイマーは
ストロークとキックを合わせて速い泳ぎ
をすることができます。


あれ? 合わせるってどういうことと
思った方、頭が混乱していませんか


ストロークとキックを合わせるというのは、
手を前に伸ばすとき(入水時)同時に
キック
ができるようにします。


上記のタイミングが合わないと速く進む
ことができないのです。


でも、ここで一つ注意点があります。


足のひきつけが早いとストローク
キックが合わせられません



足の引きつけは手が胸のあたりに
くるまでは膝をまげてはいけません



順番的にはキックをしてからストローク
なのですが、普通に泳ぐときはほぼ
同時
になるということです。


初心者はキック→ストロークと分離して
練習していき、泳げるようになったら、
細かく分けて一瞬のうちにできるように
なると良いですよ


まぁ、本当にうまい人見ていると
同時に行っているように見えるので、
同時に行うのかと思いがちですが・・・


一応、順番があり、意外とタイミングを
遅らせると推進力が増したりするので、
泳ぎというものは奥深いし、難しいですね


さて、世界水泳2015もそろそろ大詰めです。
世界水泳2015記念グッズ となりました。


楽天市場でのご購入はこちらから


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから