マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】クロールや背泳ぎのキックが窮屈?!


クロールや背泳ぎの
キックは片方ずつ
動かしていくため、
足幅が重要です
 


158177




 
 皆様こんにちは。
カーミンです。


いつもお読みいただき
ありがとうございます。


背泳ぎやクロールの
キックは腿を閉じて
内股気味で・・・


と言われることがよく
あります。


でも、実際にやってみる
とどうでしょうか?


私もそうなのですが、結構、
腿あたりが窮屈で動かし
にくい気がしませんか?


ということで、自分の楽な
足幅があると思うので、
その足幅で行うことが
一番のびのびとした
キックができるような気が
します。


その目安のなのですが、
普段、歩くときの幅
想像しやすいかもしれません。


でも、ここで勘違いしないで
欲しいのが、足幅のことを
言っているので、蹴り幅とは
また違います(ふり幅というのか
もしれません)


上下に蹴る幅は広くすると
ゆっくり
になってしまいます。


ですから、上下に蹴る幅は
速く泳ぎたい場合は狭く細かく

します。


というと、なんだかわかりにくい
かもしれませんね。


わかりにくかったら申し訳
ございません。


腰幅くらいに足を開いて
キックを打つと言ったほうが
良いでしょうか・・・。


文章で表現するのは難しい
です。


なんとなく、トップスイマーって
腿を閉じずに腰幅でキックして
いるような気がするんですよね。


水中でたまに見せてくれるとき
にふと見れるだけなので、細かく
は見られませんが・・・



そして、私は背泳ぎの時に
いつもキックが窮屈になって
いるような感覚があったので、
腰幅でキックするようになったら
楽なキックになりました。


皆様も世界水泳を参考にして
みてくださいね。


さて、そろそろゴーグルも新しい
のが欲しいという方もいるかも
しれません。


かっこいいゴーグルありますよ。


 楽天市場でのご購入はこちらから


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから