マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】【バタフライ】息継ぎの時の顎の位置


バタフライの時の息継ぎを
するとき、顎の位置はどう
していますか?


155532



 
皆様こんにちは。
カーミンです。


いつもお読みいただき
ありがとうございます。 


バタフライは基本的に
下を向いて前を向いて
ということを繰り返します。


というと、息継ぎの時に
顎が上がりすぎてしまい、
息継ぎができずに苦しく
なって
しまいます。


また、頭がグラグラ上下に
動いて
しまうこともあります。


これらは、実は水の抵抗を
かなり受けて
しまっています。


finger-icon07-004


ポイントは顎の位置は
水中にあるときと同じ
位置にする
ことです。


顎が動かないようにする
には視線も大事です



息継ぎするときの顎の
位置は水面と平行に
なる
ようにし、顎が水面
から出てはいけません。


以前にもご紹介しましたが、
子供が遊ぶミニボールを
顎に挟んで行うと位置が
確認できます。


といっても、ミニボールを
ずっと顎に挟んで・・・


というのは難しいので、簡単な
イメージトレーニングをしましょう。


顎の位置はこぶし1個分が入る
くらいです。


ほんのちょっとのことなのに、
全く泳ぎが変わって楽になり
ます。


swimming_hiraoyogi

平泳ぎと同じです。


平泳ぎとバタフライは似ている
動きがたくさんあります。


両方泳いで位置を確認すると
良いかもしれませんね。


バタフライの時は隣で泳ぐ方と
ぶつからないようにお願いしますね。


だから、下を向くのが基本ですが
練習するときには、たまには前を
見て他の人の様子も見ながら、
泳ぎましょうね。


ちなみに一番簡単なのはバタフライ
です。


だから、本当はバタフライを最初に
習うべきかなぁと私は思ったりします。


バタフライが一番、基本になるような
気がすると最近、感じます。


バタフライは難しいイメージが
ありますが、きっと思い込みで
複雑に考えているだけなのかも
しれませんね。


楽天市場でのご購入はこちらから


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから