マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】バック(背泳ぎ)の姿勢は足を下げることが大事!でも・・・


バック(背泳ぎ)はキックの
やり方によっては足を下げ
過ぎてしまい、姿勢が崩れ
ます



以前にも記事に何度か
書いたことがあるかも
しれません。


124839

 
 
 皆様こんにちは。
カーミンです。


いつもお読みいただき
ありがとうございます。


基本的にバックの姿勢は
足を上げたほうが進み
やすいし、姿勢は良くなり

ます。


しかし、だからといって
キックのやり方が違って
しまうと姿勢は崩れ、
お腹に力が入らなく
なります。


バックが苦手な方も多い
のではないでしょうか?


私はバックが凄く苦手です。


泳ぐこと自体は嫌いじゃない
ですよ。


でも、レースとして泳ぐことと
なれば、ガクッとスピードが
落ちるので、苦手なのです。


何度かフリー(クロール)では、
お伝えしていますが、スピード
アップの時に必要なのは、
キックを細かく速く打つこと
でした。


バックも実はスピードアップには
キックが必要になります。


でも、足が下がったほうが
姿勢は良くなる
ということは・・・


キックするときも足は下がった
ままでいいの?!


という疑問が出てきます。


ちなみに私は昨日、練習していて
アドバイスいただきました。


足を下げたほうが姿勢は良くなる
ということを意識しすぎてキックの
蹴り上げが最後までできていなかった

らしいです。


しかし、よく考えてみると最初から
足が下がっているわけですが、蹴り上げ
が最後まで蹴れていないとと沈んだ
キック
になってしまうのです。


つまり背泳ぎのキックではアップキックが
凄く重要。


足が元から下がっているのに、ダウンキック
(蹴り下ろし)をしていたら、ちょうどいい姿勢が
保てなくなり、沈む泳ぎになってしまいます。


さて、背泳ぎのキックでアップキックが最後
まで蹴れていないとはどういうことでしょうか?


私は皆様の泳ぎを実際に見て説明している
わけではないので、アップキックができている
かどうかはわかりません。


あくまで参考になのですが、アップキックが
できていないという方は、つま先が水に
出るほどのキック
を打っていないということが
あげられます。


079738


えぇ?! どういうこと??


この説明だけでは、理解できないかも
しれませんね。


私がアドバイスをいただいたのは、
まさにつま先の部分なんです。


先ほどはざっくりと書きましたが、
細かくしてみると・・・


腿→膝→つま先の順番にキックは
動きます。


バックとフリーのキックはこの順番に
動くからこそ、綺麗に膝とつま先が
しなるように強いキックが打てるのです。


ところが、足を下げて良い姿勢を意識
しすぎて腿が動き膝が動いて自ら少し
出るまではできていますが、最後の
部分、つま先が水に出ず最後の一歩を
忘れ、無駄に力の入ったキック
になって
しまうのです。


つま先まで蹴れていなかったという
ことです。


これでガクッとスピードが落ちてしまう
のです。


つま先が水から軽く出る程度までキック
をすると進むのだそうです。


実をいうとバックとフリーはストローク
ほうが推進力は強いのです。


しかし、スピードを上げるとなると、
キックでリズムをとり、キックに
合わせてストロークをすることに
よって回転数が上がる
のです。


そこで、チェック!


プル(ストロークだけで泳ぐ)練習を
してみます。


足は使ってはいけません。


プルで泳ぐ場合と普通にキックも付けて
泳ぐ場合とどちらがスピードが出る
でしょうか?


キックでリズムをとり、ピッチを上げようと
思っている方はプルで泳ぐとスピードは
あまり出ません。


どういうことかというと、普通に泳ぐより
プルで泳ぐほうが遅いということです。


これが実は理想的です。


これが逆にプルで泳ぐほうが早いと
いう方は、キックでストローク
合わせていないということになります。


スピードアップが目的ならば、
ストロークでリズムを合わせ
ようとすると、それこそバラバラに
なり崩れた泳ぎになってしまうと
いうことです。


それでもフリーやバッタ(バタフライ)は
パワーで押し切ることができちゃうので、
キックを弱くしても速くなってしまうよう
です。


キックの役割ってここに活きて
くるんですね。


ジムでインストラクターがこんなことを
言っていました。


水泳でよく使うビート版。
別名、キックボードと呼びます。


この由来はキックでビートを打つ。


つまりキックでリズムをとるという
ことだそうです。


この板(ボード)でキックのリズムを
とるということから、嫌でもキックの
練習でリズムをしっかりとることを
目的とします。


スピードアップしたい方はキックで
リズムをとるための練習を徹底的に
やりましょうね。


キックが速く動くからストローク
速くなるんですよ。


さて、何度か紹介しているゴーグル、
コブラウルトラ 、試した方はいらっしゃい
ますか?


徐々に急上昇しているようですよ。


北島康介が着用していただけ
あります(笑)


結構、顔にフィットするしクッションも
ついているから、目の周りが痛く
ならないし、飛び込みスタートのときも
ズレにくいですよ。


長々とすみません。


お読みいただきありがとうござい
ました。


楽天市場でのご購入はこちらから


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから