マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】フリー(クロール)呼吸のタイミングは速すぎることが多いです

呼吸のタイミング早すぎませんか?
今回は呼吸のタイミングを学びます。

159944


  皆様こんにちは。
カーミンです。

いつもお読みいただき
ありがとうございます。

呼吸のタイミングは
早ければ早いほど、
苦しくなってしまい、
短い呼吸になって
しまうのです。

私もよくやってしまう
パターンです。

ゆっくり泳いでいる
ときにはタイミングは
きちんとできるのですが、
ダッシュするときは忘れて
しまいます。

そして、ダッシュの練習が
続くとき、意識できなくなり、
結果苦しい・・・息、吸えない・・・
となってしまいます。

息は水の中で少しずつ鼻から
吐いていけば、自然と吸えます。

が、タイミングが早いと吸えない
のです。

長く吸えるようにするには、
呼吸を遅らせるようにします。

ある程度、泳げるようになると
自分の泳ぎを見つけようとして、
楽な泳ぎ方ができるようになる
反面、基本中の基本を忘れて
しまいがちです。

基本中の基本があっての応用
なので、基本中の基本は忘れて
はいけません。

158177
 
呼吸のタイミングといっても、
どこでタイミングをするのかと
いうと、皆さん、ほとんど手と
顔を同時に動かすことが多い
ですが、これは苦しくなります。

タイミングは手が腿にきたとき
に顔を横に向けます。

つまり水をプッシュしたときなの
です。

これは他の泳ぎでも言えます。

背泳ぎならお尻のほうに水を
押したとき、平泳ぎ、バタフライも
だいたいお腹あたりで水を押しますね。

その時に顔を上げます。

タイミングを遅らせることでものすごく
息を吸いやすくなります。

呼吸方法だけとはかぎらないのですが、
フリーの例にこちらのサイトにて詳しく
方法が書いてあります。

ぜひ、参考にしてみてください。

また、こちらの書籍でもフリーの泳ぎ方を
解説しています。

Amazonでのご購入はこちらから

楽天ショップでのご購入はこちらから



□■□■□■□■□□■□■□■□■□

大好きなものでも
行き詰ったりすると
ストレスが溜まるもの
です。

こんな時は視点を
変えてあらゆるところ
からヒントを調べましょう。

★これでストレス解消!★

point02-003
呼吸のタイミングは遅らせよう!