マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】水の抵抗を最も受けやすい平泳ぎを抵抗なく泳ぐには・・・

ブレスト(平泳ぎ)は沈む・・・

キックで水の抵抗を生んで
しまう・・・

最も速く泳げる方法が知り
たい・・・

ブレストの悩みは尽きません。

少しでも上達したいものです
よね。

 

平泳ぎ [ 杉田光一 ]

皆様こんにちは。
カーミンです。

いつもお読みいただき
ありがとうございます。

フリー、バッタ、バックは
足よりも腕のほうが推進力が
増すので、キックはそれほど
重視しなくても良いのですが、
ブレストはキックのほうが
推進力が出るため、キックを
重視することが多いです。

ちなみにカーミンもそうなの
ですが、普通、バッタ、バック、
フリーを行うとき、あまりキックを
意識していない、というより、
キックが弱いため、腕で推進力を
上げています。

それもあるからか、ブレストは
進みが全然違ってくるのです。

水に乗れないというほうが良い
でしょうか。

平泳ぎは特にけのびの姿勢を
しっかりとれないとかなり水の
抵抗を受けてしまいます。

だから、なるべく足を引きつける
ときから、水平な姿勢を保つことも
重要になります。

とはいえ、これがなかなか難しい
ですよね。

カーミンもブレストはかなり悩み
ます。

以前、平泳ぎのキックが弱いから、
コツを教えてくれと言われたことが
あります。

コツになるかどうかはわかりませんが、
キックが推進力を増すので、力を足
だけに集中するとキックは弱くなって
しまいます。

ここで、必要なのが体幹です。

お腹から蹴ります。

足は力を抜いていても良いので、
お腹から動かすというイメージを
するだけでキックは強くなります。

だけど、ここで体が沈んでしまうと
水の抵抗を受けてしまいます。

一番、難しい泳ぎかもしれません。

そして、蹴り終わって伸ばすとき、
ここは、きちんとけのびの姿勢に
戻さなければなりません。

ここでも体幹が必要になるの
ですが、鳩尾をスライドさせる
ようにすると良いそうです。

すみません、カーミン自身が
説明していても難しいです(笑)

だけど、一番はやはり自分に
合った平泳ぎをすることだと
思います。

もう少し、詳しく速く泳げるように
なりたいという方は、平泳ぎ
どうぞ。 

こちらの本は北島康介を育てた
平井コーチも解説しているみたい
ですよ。

 □■□■□■□■□□■□■□■□■□

大好きなものでも
行き詰ったりすると
ストレスが溜まるもの
です。

こんな時は視点を
変えてあらゆるところ
からヒントを調べましょう。

★これでストレス解消!★

平泳ぎはけのびの姿勢で
水の抵抗を減らしましょう。