マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】フリー(クロール)の2種類のキックを使い分ける

皆様こんにちは。
カーミンです。

いつもお読みいただき
ありがとうございます。

水泳を行う方は、一度は
考えるフリーのキック。

2ビートと6ビートという
キックがあります。

基本は6ビートです。


6ビートは左手がかき終わる
までに3回、右手がかき終わ
るまでに3回、合計で6回打ち
ます。

6ビートは足が休むことがない
ため、かなり体力を消耗し、
かなり疲れます。

だけど、速さは6ビートのほうが
速くなりますし、瞬発的な力を
爆発させるので、短距離には
向いています。

2ビートは左手がかき終わる
までに1回、右手がかき終わる
ときに1回、合計2回打ちます。

2ビートは体力を消耗しにくい
というメリットがありますが、
短距離の時には爆発的な
瞬発力が出ないので、あまり
速くはありません。

どちらかというと長距離に
最適なキックです。

ところが、筋肉量などにより
6ビートのキックで速く打つと
フリーそのものが速くならない
方もいます。

カーミンもそうです。6ビートで
行おうとするとダッシュしても
速くならないと感じています。

最初は6ビートでキックを速く
打ってみたり、強くしてみたり
したのですが、イマイチでした。

だから、次回からは2ビートで
速く動かすのか、強くするのか
試してみます。

いろいろと試してみて自分に
合った泳ぎを見つけていきたい
ものですね。

ところで、水泳のシーズンが
またやってきました。

今年こそは絶対にタイムを上げる!
という目標を掲げているけれど、
タイムが上がらないのが悩み・・・

コーチにアドバイスをもらったり
しているけれど、なかなか上がら
ない時期というのは必ずあります。

そんなときは、自分で本を読んだり
して、調べることでヒントが得られる
ことがあります。

また、テレビでトップアスリートが
教えている番組などを見ても、
勉強になります。

 

最先端泳法『フラットスイム』でクロールがきれいに速く泳げる! [ 高橋雄介 ]



上記の本の著者はオリンピック
選手のコーチをしている方です。

こちらの本ではDVD付きなので、
わかりやすい解説になっています。

初級者から上級者までの泳ぎ方を
伝授してくれます。

ただ、ある程度、泳ぎ方を知って
いる方は初心者向けの泳ぎ方は、
退屈してしまうのですが、基本中の
基本なので、改めて見直すのも
アリです。

そして上級者コースでは納得する
ような内容が詰まっています。