マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

競泳 どこで泳ぐ?

手や足を使って泳ぐと考えた
あなた、一度、頭をリセットする
必要があるかもしれませんよ。

 

4泳法がもっと楽に!速く!泳げるようになる水泳体幹トレーニング[本/雑誌] / 小泉圭介/著




もちろん、手や足のタイミング、
かき方はすごく大事です。

だけど・・・・・・

私たち健常者は、考えたことが
あまりないかもしれません。

パラリンピックを思い出して
ください。

障碍者の水泳も存在し、
パラリンピックではメダルを
獲得している方もいます。

障碍者の中には手足の
自由を奪われている方が
水泳をしています。

手のかき方やキックで
使う足だけにとらわれて
いませんか?

手足の不自由な障碍者
泳げるのは、手や足には
ハンデがある分、胴体、
つまり体幹を利用して
います。

これは水泳だけでは
ないですね。

試しに長座で胴体だけ
動かして前に進んでください。

次に同じく長座で胴体だけで
後ろに進んでください。

意外にも進みますよね?

健常者は、手足が自由
だからと手足に頼ってしまう
傾向があります。 

泳ぎにおいても同じです。
手足に集中して胴体は
野放しになっています。

もったいないですよ!

胴体を使えば体幹
使えるのに・・・

腕を上げるとき、足を
動かすとき、どの筋肉が
動いていますか?

触ってみましょう。

胴体が動いていると
思います。

あくまで手や足は『補助』
なのです。

速くなるには胴体を柔らかく
使って泳ぐこと!!

そのためには体幹トレーニング
が必要です。