マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

北島康介に学ぶブレスト(平泳ぎ)のコツとは・・・

こんにちは、カーミンです。

競泳では男性陣の勢いが凄いですね。

北島康介も現役続行です。

ちなみにカーミンと年齢が近い(笑)


余談は良いとして、今回は北島康介
ブレストを分析してみます。

ブレストはあまり得意とはいえないので、
カーミンにとっても勉強になります。 

ブレストは一番水の抵抗が大きいと
言われている泳ぎです。

だから、どれだけ抵抗を抑えるかが重要に
なります。

北島康介も水の抵抗を意識しています。

北島康介のブレストといえば、かなり伸びる
特徴がありますが、その他にもあるのです。

ブレストでは足を引きつける動作がありますね。

この足の引きつけがポイントです。

引きつけるとき、膝を曲げすぎると水の抵抗に
なります。

そのため、北島康介はあまり膝を曲げすぎない
ように意識しているそうです。

また、ストロークでも胸に引き寄せるときに引き寄せ
過ぎてしまうと水の抵抗を受けてしまうと言います。

ブレストは動作の形もあるのかもしれませんが、
大きく泳ぐというのも難しいです。

そこで上半身を使います。

といっても、上半身どうやって使うんだという疑問が
出てきますよね。

実は上半身だけだと動かないので、腰とお腹を
動かしていきます。

イメージはドルフィンキックを打つ時みたいに身体を
うねらせるイメージです。

完全にうねらせると失格になりますが、うねるような
イメージで泳ぎます。

ブレストとバタフライは動作が似ています。

バタフライを応用させてブレストの動作でも動かせる
ようになると良いかなと思います。

足を引きつけるときにお腹をしっかり凹ませます。
とはいえ、お腹が丸まるイメージをしてください。
凹ませて力が入ってしまっては意味がないからです。

そして、ここが重要です。

キックをするときはお腹から蹴ります。
そうすることで、軽く体をうねらすことができます。

お腹だけでいうと縮めて、伸ばすという感覚ですね。

と、説明するだけではわからないので、実際泳ぐことが
大切ですね。

やはり、自分の感覚でしっかりつかむことが大事です。

北島康介のさらなる活躍、応援したいですね。

そして、未来の子供たちには北島康介みたいな選手に
なってほしいと思います。

北島康介のプロデュース、トレーニング水着もあります。
北島康介になりきってトレーニングすると北島康介
ような泳ぎもできるようになるかもしれません。