マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

瀬戸大也のトレーニングのやり方は心理にあった!?

こんにちは、カーミンです。

今回は瀬戸大也をピックアップします。 

・・・とその前にあれ?

瀬戸大也の誕生日、かなりカーミンに近い!!


年齢は差がありすぎですけど・・・(笑)

ということで!

瀬戸大也のトレーニングのやり方は、
まさに心理的要素を取り入れています。

NLPといって、コミュニケーションをスムーズにしたり、
スキルアップをするための心理学です。

イメージトレーニングもNLPの中に入ります。
五感をフル回転させなければ、なかなか難しいのが
NLPなのですが、瀬戸大也のトレーニングはNLP
使った方法を身につけているのかもしれません。

基本、水泳に限らず、トップアスリートはイメージ
トレーニングを行っていますが、その多くは自分が
優勝して金メダルを獲って自分だけでなく、支えてくれた
人やコーチなども一緒に喜んでいる姿を想像し、その中で
この時の水の感触はどうか、雰囲気はどうかなど自分の
目や鼻、触感などで感じているところまでイメージします。

つまり、優勝しているところを想像するだけでなく、感情を
プラスしてどう感じているのかというところまでイメージすると、
すでにイメージしたことが本当に起きたかのような体験を
するのが本来のイメージトレーニングです。

なるべく具体的にリアルにイメージすることが大切です。

イメージすることで、脳がそれに反応してその通りに
やろうとしてくれて、実際にイメージした通りになります。

だけど、このイメージトレーニングだけでなく瀬戸大也
ようなやり方もあるのです。

以前、少し、説明した記憶があるのですが、他の人に
なりきってやる。

これもイメージトレーニングの一環です。

瀬戸大也はトップスイマーですが、あこがれの選手に
なりきってトレーニングをするそうです。

なりきるので、あこがれの選手の泳ぎを真似ます。

瀬戸大也の場合は個人メドレーが基本ですので、
それぞれの泳ぎのトップをいく選手の真似をしたそうです。

バタフライはフェルプスの泳ぎを、背泳ぎは入江陵介の泳ぎを、
平泳ぎは北島康介の泳ぎをフリーはイアンソープの泳ぎをと
各種目のトップスイマーの選手の泳ぎを真似してタイムを
上げてきたのです。

これはNLPでいうとモデリングと言います。

理想としているモデルをイメージしているということです。

よく、ダイエットするときにも使う方法ですね。

カーミンもかなり泳ぐときにイメージしてます。

ちなみにカーミンは背泳ぎのときは、私は入江陵介だと
思いながら泳いでいます(笑)

瀬戸大也は最近arenaと契約しましたよね。

確か、この水着だった気がしますが、さすがに最高峰の
トップスイマーの水着です。

高い・・・・(笑)

  

女性用もきちんと用意されています。