マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

平井コーチの指導に心にグサッと刺さった

こんにちは、カーミンです。

今回は北島康介をはじめとし、萩野公介
寺川綾などをメダルへと導いた平井コーチの
ブログを見ていて、心にグサッと刺さったことを
書いていきます。

当たり前のことだけどできないというのが
現実です。


私たちは結果がなかなか出ないときや苦しいときは、
視野が狭くなってしまい、普段の生活まで疎かになって
しまいます。

しかし、そんな時こそ視野を広くしたほうが良いそうです。

今の環境があるのは、目には見えずうるさく思うことも
あるのかもしれませんが、周囲の人たちがサポートを
してくれていて、今の環境がある。このことに気づくことが
大切なんだそうです。

このことに気づけば視野は広がるのですが、一度、苦しかったり、
結果が出なかったりすると、周りのサポートをしてくれているという
意識を忘れてしまうそうです。

例えば水泳でいえば、コーチの話はしっかり聞くが、コーチ以外に
サポートしてくれている両親だとか周囲の人たちの話は聞かない
ということ。

カーミンは平井コーチのブログを見て、本当に図星でした。

正直、言うと周囲の人たちがサポートしてくれているという
ありがたみに本当の意味で気づいていないと感じています。

また、普段から視野が狭くて、かなり頑固な面もあってどうしようも
ないくらいで、嫌になることもあります。

たまたま、昨日、話していたのです。

人のために・・・と目的を持てば、視野は狭くならずに
苦しいことも乗り越えられるという話を。

平井コーチの話にも通じるものがありますね。

周囲がサポートをしてくれているというありがたみを持てば、
この人のために・・・という目的を見つけられるのかもしれません。

これはカーミンの考えですが・・・

普段から感謝するという気持ちを持つというのは、当たり前だけど
やはりできないことが多いですよね。

感謝の気持ちに気づかせることができる平井コーチは、素敵です。
きっと、感謝の気持ちに気づかせる指導をしているからこそ、
トップスイマーを育てることができるのかもしれません。

では、日常では平井コーチのような指導はできないでしょうか。

職場や学校、親など指導をしなければならないことがありますが、
平井コーチの指導を見習ってみたいですよね。

平井コーチは社会でも使える指導メソッドの本を出しているようです。 

  見抜く力 夢を叶えるコーチング

平井コーチの本なので、水泳で例えていますが上記の本は普段の
生活や仕事での指導でも使えるので、ぜひ参考にしたいものです。