マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

カーミンのスポーツルーム

元スイミングコーチが水泳を中心に水泳講座やトレーニング方法、スポーツのぼやき、スポーツ用品を紹介しています。

【競泳】Brのキックをもっと研究してみよう

こんにちは、カーミンです。


夏は暑いからか、ジムの
プールでも人数が多く
なりましたが、ただ
健康のために立ち止まる
ことなく泳ぎ続けている
けど、もったいない泳ぎ方を
しているなと思ったことを
シェアしたいと思います。


だいたい、そういう方はBrか
Frを泳ぎますが、Frは何度か、
私の専門でもあるため、記事に
しているので、本日はあまり
記事にもしていないBrのことを
書こうと思います。


前回もチラッと書きましたが、
健康のためとはいえ、身体の
使い方を変えれば、もっと
より良い泳ぎになるのでは…
と思う方が多々います。


特に目立つのはBr。


Brの正しい泳ぎ方は
どういう泳ぎ方でしょう。


本日はBrのキックについて
考えてみます。


平泳ぎのキックには、
二つの種類があります。


ウィップキックとヴェッジ
キックです。


スイマーにとって必要な
キックはウィップキックです。


ただし、膝に爆弾を抱えて
いる方はウィップキックだと
引き寄せた時、内腿があまり
開かないため、負担がかかる
ので、ヴェッジキックのほうが
良いです。


平泳ぎ | サモエド先生の水泳教室



ウィップキックとヴェッジ
キックの説明と画像が
詳しく掲載されています。


そして、最大の問題は蹴った後の
開いて閉じる動作。


もちろん、開いた足を閉じることで
進みます。


でも、ここに落とし穴があります。


開き具合です。


進みたいのはどっちでしょう?


前ですよね。前に進むには、
後ろに蹴る必要があります。


正確には、水から足が出て
しまうと抵抗になるので、
水から出ないようにキック
するため、後ろに軽く足を
下に向けて蹴ります。


まずは水泳を理解しよう。理解してこそ、上達する。


その時です!


蹴りました。蹴った後、
足は開きます。


でも、横に広げすぎて
いませんか?


同じレーンで泳いでいると、
私がすれ違う時によくある
パターンは、私の目の前に
足がある
ことです。


ゴーグルを蹴られるのでは
と思うほどです。


ここは重要なので、もう
一度言います。


すれ違った人の目の前に
足があるということは、
足を広げ過ぎ
です。


これは水の抵抗を生む
だけです。


真っ直ぐ行きたいのに、
横に広げるような蹴り方を
しているということは、
後ろに蹴っているのでは
なく斜めに蹴っていることに
なります。


さて、斜めに蹴ると推進力は
どこに行くでしょう。


これはFrやBaにもいえること
です。


水の流れが真っ直ぐに流れて
いないということですよね。


さぁ、皆さんで考えてみて
下さい。


久々に(?)私から宿題です。


Brのキックも真っ直ぐに水の
流れを作りたいわけですよね。


では、もう一つ宿題です。


Brのキックでも、きちんと
真っ直ぐ後ろに蹴ることが
できれば、足の開き具合は
どの程度になるでしょう。


この開き具合が変わることで、
閉じたときに推進力が変わって
くることがわかります。


すれ違ったときに人の目の前に
足があるということは、開き
すぎですよ!!


これは本当に重要なことなので、
何度も言います。


このほうが足の筋肉も使うので、
健康にも良いんですよ。


勘違いしないでほしいのは、
水中動作を大きくすることで
大きい泳ぎになるということ。


逆なんです。


水中動作をコンパクトにする
ことによって大きな泳ぎに
なります。


ただ、健康のために泳いでいる
かもしれませんが、泳ぎ方を
変えるだけで使っていない筋肉を
使います。


Brを見直してみてはいかがでしょう。


マスターズスイマーの方にオススメ。元オリンピアン監修プログラム