マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

カーミンのスポーツルーム

元スイミングコーチが水泳を中心に水泳講座やトレーニング方法、スポーツのぼやき、スポーツ用品を紹介しています。

【スポーツ・メンタル】CMCマスターズスイムミート無事に終了しました

皆さん、こんにちは。


今日は仕事は休みなので、
午前中は散歩をしていました。


昨日はCMCの大会に出てきました。


結果は、1Frはシーズンベストでした。
あと0.~で自己ベスト更新でした(^^;)
半Frは3月のFIAの大会の時より、
1秒落ちました…(^^;)


ちなみに長水路なので、3月のFIA大会の
記録と比較しています。


長水路短水路では、またペース配分も
違いますし、タイムも多少変わってくる
ので、長水路長水路短水路短水路
分けています。


3月のFIA長水路ですが、2月、4月、5月は、
短水路なんですよね。


短水路のほうが大会は多いですよね。


私は長水路が好きなので、長水路の大会、
もっと増やしてほしいな…と感じて
しまいますが、25m以上1種目泳げれば、
OKなので、短水路もが多いのでしょうね。


長水路だと50m~なので、必ず50以上
泳げないとマスターズ大会に気軽に
参加できませんからね。


さて、1Frが自己ベストに近いタイムで、
シーズンベストを出せた要因ですが、
もう何もかも考えないで、力まずに
いけたことだと思います。


力んでると本当に身体が動きません
からね。


特に球技を見るとわかりますが、
上手い人ってボールを軽く蹴る、
投げることでシュートを入れたり、
フワッと浮かせたりしますよね。


これが力んでいない証拠です。



これは、水泳でも同じです。


力んでピッチを上げて泳いでも
タイムは落ちます。


これが、めっちゃ楽に泳ぐ
ことを意識して泳いだら、
1Frは、シーズンベストを
出すことができました。


では、半Frが1秒落ちた
原因は何か…


これは力みです。


1Frでは力まなかったけど、
半Frでは力んでしまいました。


その原因は、レース中、隣の
レーンの人が見えていて、
これは抜けるかもと思った
瞬間に力みました。


そこには、心理的な落とし穴が
あるんです。


抜けるかも、勝てるかもと
思った瞬間に『今』から
集中力がそれてしまうのです。


その、抜けるかも、勝てるかもと
思った瞬間変に意識して身体が
力んでしまうんです。


『今』に集中するというのは、
どういうことかというと簡単に
いえば、無になることです。


何も思考せず、無になった
ほうが上手くいくんです。


練習中はとことん考えても
意識しても良いですが、
大会ではレース前は、
緊張しているので、あまり
ごちゃごちゃと欲張らず、
無になってやること、これ
ひとつでいいと思います。


そうすると力まずに上手く
いくように思います。


私もちょっとアップする
前まで吐きそうなくらい、
緊張していました。


レースの召集所で同じ組に
なった方には、慣れてる
でしょう?と言われてましたが、
相当緊張してたんですよ、私。


朝ごはんも無理矢理食べたので(笑)


でも、1Frがシーズンベスト出たので、
よしとします。


もちろん、速く泳ぐための技術も
必要ですが、私にはメンタル面が
まだまだ足りていないので、もっと
メンタル面も安定できるように
鍛えます。


とりあえず、しばらくは大会は
ないけれど、また11月、スプリントが
あるので、それにはまた参加する
予定です。


もし、参加する方は一緒に
楽しみましょう。


楽天Yahoo!ショッピング

VIEW スイムゴーグル Brade ZERO

を検索