マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

カーミンのスポーツルーム

元スイミングコーチが水泳を中心に水泳講座やトレーニング方法、スポーツのぼやき、スポーツ用品を紹介しています。

新しいやり方を求める人、昔からのやり方から抜け出せない人

皆様、こんにちは。


皆様は新しいやり方を
求める人ですか?


それとも昔からのやり方から
抜け出せない人ですか?


スポーツ界では指導者が
昔ながらのやり方から
抜け出せず、パワハラ
暴力を振るうというケースが
増えてきていますよね。


でも、これはスポーツ界に
限らず、会社の組織も同じ
ことです。


では、アスリートや会社の
組織が成長していくには、
新しいやり方を求める人と
昔ながらのやり方から
抜け出せない人のどちら
のほうが良いでしょうか。


昔ながらのやり方は、良い
ところは続けても良いと
思いますが、型にはまり
がちになります。


特に頑固な性格やこだわりが
強い方に多く見られる傾向が
あります。


型にはまっていると、どんな
ことが起こるかというと、
このまま続けても成長は
出来ないのに、量を増やして
とことんやる。


そして結果的にケガをしたり
病気になったり…


いわゆる根性論ですね。


皆様に問います。


これで本当に成長
できますか?


この場合、量を増やして
いるだけですよね。


やり方がわからないから
量だけ増やす形になって
しまっています。


量を増やすだけなら、
ただのオーバーワークです。


私は凄く疑問なんですが、
何故、量を増やせば、
成長する、もっと良くなる
と思うのでしょうか。


今は学校の部活でも必ず、
休みは週1は入れること、
部活の時間は2時間から
3時間と定められています。


この中で上達するの??


という親たちも多いとか…


結局、親たちも昔ながらの
やり方から抜け出せないんです。


テレビでも強豪の選手のことを
特集していますが、その中で
レーニング時間は8時間とか
報道されることもあります。


私はそれにも疑問です。


皆様にもう一度、問います。


レーニングを8時間やるのと、
2時間『質』の良いトレーニングを
するのとでは、どちらが成長
すると思いますか?


短時間でも『質』の良い
レーニングができれば、
上達します。


それと同じように会社の
組織でも『質』を考えて
見て欲しいところです。


では『質』とは何か。


『質』を良くするためには、
何が必要なのか、何が不必要
なのかまず整理することです。


そして、自分にとって必要な
レーニングをします。


それぞれ、個人個人で必要な
ものなのか無駄なものなのか
選別して無駄なことを省くことで
『質』の良いトレーニングが
できます。


何が必要で何がいらないのか
選別できていない方が多い
です。


特に新しいやり方では
なくても無駄を省くだけで
良いのにダラダラとあれも
これもとやるからダメなんです。


レーニング8時間にも
短時間で区切って『質』の
良いトレーニングをすれば、
問題はないと思いますが、
量だけに頼らないように
していきたいですよね。