マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

カーミンのスポーツルーム

元スイミングコーチが水泳を中心に水泳講座やトレーニング方法、スポーツのぼやき、スポーツ用品を紹介しています。

私の考えるストローク

前回の続きです。


基本的にストロークには、
I字、S字、C字というものが
あります。


でも、私の考えるストロークは、
もっと細かく分けています。


もう一つ、ストロークには
ハイエルボーというものが
あります。


これは肘を高く保ち、曲げる
泳ぎとして使われています。


基本的に私のストローク
I字といって、ストレート
プルとも言われています。


このストロークは字の
如くIの字を描くように
掻きます。


この時、キャッチを
するところからプッシュ
(腿のところで水を押す)
まで肘を曲げないことから
ストレートプルと言われて
います。


このやり方で普段何気なく
泳ぐときのタイムが落ちた
ことから、この泳ぎ方を
やめて次に試したストローク
ハイエルボーです。


しかし、掻き方は肘を曲げて
高く保って掻くものの、
真っ直ぐに掻くので、私は
これもI字と呼んでいます。


このパターンを試しても
タイムは落ちていたので、
次に行ったストロークは、
C字です。


これはCの字を描くように
掻きます。


このC字だとさすがに肘を
真っ直ぐではできないので、
ハイエルボーになります。


これはちょっと今までの
タイムに戻った感じは
ありましたが、まだ
完全ではありませんでした。


そこで、S字にしてみました。
タイムが完全に戻っていました。


今までI字のストレートプルが
一番速かっただけに、これは
驚きでした。


多分、筋肉が強化された部分を
十分に発揮できるのがS字だった
のでしょう。


自分では、筋肉が強化された
という感じはしていないけれど、
気付かないうちに強化されて
いたのかもしれません。


今、ストレートプルが主流と
なっていますが、改めて
見直されてS字、C字が主流に
なる可能性もあります。


たまにTwitterでも情報を得たり
するのですが、最近の傾向は
Flyについての話で出てきた
ようですが、I字よりS字のほうが
パワーを使うため、男性はS字が
多く女性はI字が多いらしいです。


今の常識だとI字のほうが
パワーを使うというのが
普通です。


でも、常識は覆ることも
ありますので、実際は
S字のほうがパワーを使う
かもしれません。


だけど、人それぞれなので、
筋肉によって掻き方も
変わってくると思うので、
行き詰ったら、I字、S字、
C字を試してみると良いです。


今までやってたけど、ダメ
だったというのでも再チャレンジ
してみると、また違った景色が
見られるかもしれません。


だから、今まではダメだったと
思うことでも、再びやってみる
と、体の変化によって変わって
きますので、行き詰った時は、
思い切って自分の泳ぎを変える
ことをオススメします。


レースでは定番のミズノの
競泳水着です。マスターズ
大会でもよく試着できるように
しています。