マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

カーミンのスポーツルーム

元スイミングコーチが水泳を中心に水泳講座やトレーニング方法、スポーツのぼやき、スポーツ用品を紹介しています。

辛い試練を与えてばかり…

今日から、千葉国で
コナミオープンが
始まっています。


観客の皆さんや
選手たちが池江選手に
励ましの寄せ書きを
して池江選手に届ける
そうです。


池江選手のメンタルは
強いから必ず戻って
これると思います。


池江選手のことも
あるので、余計に
心配してしまうのですが、
今日、明日と萩野選手も
レースを欠場します。


メンタルの調子が悪いのか、
体の調子が悪いのか、本人も
わからないそうです。


だけど、コーチがいうには、
練習は上手くいっていても
大会の週になったり、大会
会場入りすると急に調子を
落としたり、急に様子が
変わったりするので、心配
とのことでした。


池江選手のこともある
だけに病気には、今敏感に
なっています。


萩野選手のメンタルだと
かなり考えすぎてしまう
ところがあるので、
メンタルの病気の可能性も
あります。


池江選手の白血病も知った
ことで、少なからず不安や
恐怖、心配などがよぎって
しまっている可能性も
あります。


萩野選手は寒気もすると
いうことだったので、
病院に行けと勧めたそう
ですが…


トビウオジャパンに辛い
試練を与えてばかりですね。
神様は。


来年の五輪に向けて大切な
時季になので、意地悪です。


萩野選手も心配です。


病気が隠れていたら
嫌だなぁ。


そして、悪い公表となった
とき、マスターズスイマー
としても、かなりのショックで
立ち直れなくなりそうです。


未だに池江選手のことも信じ
られないし、家族のように
メッチャ心配になり、それを
受け入れられない自分がいます。


私もメンタルがかなり
弱いので立ち直るのに
時間がかかります。


更に萩野選手も…と
なったら、本当に
私自身も前向きに
なれなくなりそうです。


そうなると、やはり
メンタルトレーニングは
必要なのかなぁと思います。


でも、普段、検索すると
出てくるメンタル
レーニングでは
ありません。


よく調べて出てくる
メンタルトレーニングは、
前向きな思考のやり方です。


だけど、本当はそれだけでは、
強くなれません。


メンタルを強くするのに
必要なのは、どんな状況でも
受け入れることなんです。


例えば、今の私でいうと
池江選手の白血病
公表で心配と不安、
萩野選手の体調によって
病気だったら…と恐怖が
よぎっていて、なかなか
受け入れられない自分が
います。


それをどう受け入れるか。


これが大事なんです。


この受け入れるというのが、
どれだけ難しいことか…


今の状況や気持ちを
認められないという
ことですね。


これを認められるように
なったとき、メンタルは
強くなるんだと思います。


皆さんは受け入れることが
できますか?


嫉妬しているときも
自分自身を認められない
ですよね。


嫉妬していることを
素直に認める。


またまた、これが難しい
という…


私もまだまだメンタルは
未熟ですが、一緒に
もっと自分自身の
メンタルを分析して
成長していきませんか?


池江選手が元気に
戻ってくることを
祈っていますし、
萩野選手には悪い
知らせにならないように
願っています。


自己受容できるように
なりたいです。勉強して
いきたいですね。