マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

カーミンのスポーツルーム

元スイミングコーチが水泳を中心に水泳講座やトレーニング方法、スポーツのぼやき、スポーツ用品を紹介しています。

バスケとサッカーでの個人としての試合展開を考えてみました

皆さん、こんにちは。


昨日のサッカー、
アジア杯を見ましたか?


危なげな試合で(^^;)


勝ったので、決勝Tには
進出決定だったので、
良かったものの・・・


なんだか、南野選手、
不運でしたね。


何度もシュートチャンスが
あってもゴールに全部
嫌われましたし・・・


良い動きだったんですが・・・


昨日のサッカーを見ると、
流石はチーム戦で、皆で
やっていこうという試合
だったように感じます。


皆が良い動きをして走る。
そして、皆がそれぞれの
役割をしていくのが、
チームプレイなので、
理想型ですよね。


一方で、個人競技では
ないんだぞと批判も多い
のが、高校バスケでした。


いつかの記事で紹介した
富永という選手をご存知
でしょうか。


高校バスケで皆を驚かせた
選手です。


この高校では、富永選手が
ずば抜けていて、ひとりで
ガンガン行ってシュートも
シッカリ決める。


ウインターカップでの総合
得点は富永選手は1試合で
少ない時で32得点。


多いと50得点近い得点を
上げて、シュート率も
高校生の中でNO.1でしょう。


3ポイントも結構打つので、
オールマイティーな選手です。


でも、富永選手ひとりの
プレイになっていることも
多かったため、批判も多かった
ようです。


が、私はサッカーにしても
バスケにしても、個人個人の
プレイで考えると、まだまだ
甘い気がします。


結局、チームプレイだと
しても、誰かひとりが
抜けていて、貢献している
というのが多い気がするんです。


私は、そうではなく全員が
富永選手のように積極的に
ガンガンプレイして
ほしいんですよね。


でなければ、世界を考えた
ときに、全く通用しないと
私は考えます。


誰かひとりが、積極的に
ガンガンプレイしたとき、
相手は、この選手は危険と
マークを強めます。


その時に他のメンバーが
積極的にガンガンプレイ
できれば、その一人が
マークされていても
カバーできます。


高校バスケでは、
それが目立っていた
ように思います。


だけど、昨日の
サッカーでは
全員がチャンスを
覗って全員サッカーを
しようとしていたのは
わかりました。


でも、後半は特にそう
でしたが、積極的に
ガンガン行くという
プレイはなかったですよね。


誰もが積極的にガンガン
行き、オールマイティー
できる選手が世界と戦える
と私は思うのですが・・・


どうでしょうかね。


それとは逆のパターンで
高校バスケは、富永選手が
ガンガン積極的に攻めていく
ひとりバスケになっていた
からなんだと思います。


決勝での福岡第一
の試合では、富永選手の
動きが封じられ、後半、
得点がなかなかとれない
状況になり、負けました。


だから、全員がもっと
積極的にガンガンいける
くらい、個人個人を磨いて
いくほうがいいと私は
感じました。


そんなに詳しいわけでは
ないし、いろいろな作戦が
あるから、なんとも言えない
ですけどね。


長くなってしまって
すみません。。。


ダンクシュートを
決めようとしている
フェイスタオルです。
名前も入れられるので、
自分だけのオリジナル
タオルを作ってみては
いかがでしょうか。

「ダンクシュート」名入れフェイスタオル、スポーツタオル、バスケットボール、部活、ギフト、贈り物、お名前、名入れギフト、ネーム入れ、ノベルティグッズ【FTC】退職祝い 退職プレゼント


可愛いミニオン(笑)
日本代表のユニフォーム
来てます。

ミニオンズ ちょっこりさん(ボブ)★サッカー日本代表ver.★