マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

カーミンのスポーツルーム

元スイミングコーチが水泳を中心に水泳講座やトレーニング方法、スポーツのぼやき、スポーツ用品を紹介しています。

水の流れをストップさせてしまう泳ぎがあるのはご存知ですか?

こんにちは。


お正月休みも
もう終わりですね。


皆さんはお仕事モードに
切り替わりましたか?


私はまだ全然切り替え
られません(笑)


さて、皆さんは水の
流れが止まって泳いでも
進まないな~と感じたことは
ありますか?


練習後、もう一度、最後に
けのびで姿勢を確認して
いたときに隣のレーンで
泳いでいる方がくる度に
水の流れが変わってけのびが
進まなくなったんです。


ちょっと、波が大きかった
ので、私が泳いでいたレーン
まで大きく水が揺れました。


ふと、隣のレーンで泳いで
いる方を見て、なるほどと
思いました。


さて、何故、水の流れが
ストップしてしまったの
でしょうか?


これではあまり進んでいる
気がしないだろうなと
私は感じました。


実は水の流れはバシャバシャと
強く叩くと大きな波ができて
ストップしてしまうんですね。


静かに泳げば波は経たないので、
波は小さくなり水の流れが良く
なります。


でも、入水時にバシャンと入水
して前に伸びなかったり、キックも
バシャンッと強く水を叩きつけたり
すると大きな波を作り水の流れが
止まります。


水の流れに沿って体を伸ばす
ことで進みます。そのためには
バシャンとせずに静かに泳ぐ
ことが大切なのです。


よくクールダウンの時などに
やるのですが、水の音を立てずに
泳ぎます。


なるべく波を出さないように、
泡を出さないようにするため
です。


もちろん、完全になくすことは
難しいです。


でも、なるべく音を立てずに
泡を立てずに波を出さずに
泳ぐことで水の流れを作り、
推進力を生みだすことが
できるのです。


皆さんも泳ぐときに
ちょこっと意識して
泳いでいただけたら
幸いです。


それでは明日も笑顔で
いきましょう。


新モデル登場です。今年はこれで大会参戦しましょうww