マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

Simple is the Best

皆さん、こんにちは。


さて、個人練習をするときに
迷うのが、練習メニューだと
思います。


あなたは、どのように泳ぎ
たいですか?


フォームを徹底したいので
あれば、その練習をするために
Drillを入れることが大切です。


また、速くなりたいのであれば、
レースと同じ、もしくはレース
り速く泳ぐ練習が必要になります。



ただし、ポイントがあります。


レースと同じ、もしくはレース
より速く泳ぐ練習は、短距離で
レストを入れて何本もやる
ほうが効率は良いです。


持久力もつきますしね。


フォームを綺麗にしつつ、ゆっくり
泳いで疲労をとるときには、100m
から200m泳ぐのも良いでしょう。


たまに100や200mの練習を入れても
持久力はつきます。


が、練習はレースの時よりも疲労
します。そのため、100や200を
たくさん入れると、ダラダラに
なるので、何本も入れないほうが
良いかなと私は思います。


結局、シンプルな練習が一番
ベストなんですよね。


だから、速くなりたいなら、
短距離でダッシュを何本も
レストを入れてやるという
単純でシンプルな練習です。


これを踏まえて練習メニューを
作成します。


私が昨日、行った個人練習での
メニューはtotalで2500mの
メニューです。


UP

けのび/Fr 50×2

★ストリームライン確認

Fr 200×1
IM 200×1

K&S

IM 50×4 2セット
(25m K/25m s)

★ポイントは身体を温める、
筋肉をほぐす。

K(専門種目)

Fr 25×6(Noboard)

★専門種目のため、キックの
フォームを確認する。

P(専門種目、ブイなし)

Fr 50×6 Des

★キャッチの感覚をつかむ

S

IM 200×1

★専門種目の練習が多いため、
他の泳ぎで全ての筋肉を動かし、
ほぐす。


D(専門種目)

片足上げFr 50×6

体幹がぶれないようにする。


S(専門種目)

Fr 100×1 loosen

★フォームはしっかり
確認、疲労をとる。
次のメニューに向けての
準備。


S(専門種目)

Fr 50×6 (レスト1’30)

★レースと同様のスピード、
もしくはレースより速く。


down 100m


★LastのFrのレース同様の
泳ぎ以外のレストは、
壁タッチしたら5秒。


基本的にはhardで行う。


【ARN-100】アリーナ(arena)【特価6160】ビート板



【楽天市場】【ARN-100】 アリーナ(arena) 【特価6160】ビート板



全品ポイント10倍以上!】●ミズノ プルブイ 85ZB750



【楽天市場】ミズノ 【mizuno】 プルブイ 85ZB750 【10,800円以上お買い上げで送料無料】