マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

背中の軸

こんにちは。


カーミンです。


今日から4月ですね~
新しい年度が始まります。


そして、ジムのほうでも
スケジュールが変わりましたよ~


マスターズ練習会が45分から
60分に変わりました~


嬉しいですね。


どうせなら、2時間でも良い
ですよ~


これなら部活同様の練習が
できるのでは?


ちなみに今は中学、高校の
部活は問題になっており、
練習時間は2時間~3時間程度。


休日は平日に1日、土日の
どちらか1日を休日とする。


練習量とか根性論に基づいての
練習ではなく科学的なデータを
元に練習しようという動きが
あるようです。


私は良い案だと思います。
勉強できないんですよね。
部活ばかりで。


いや、勉強できないでは
なく、しなかったんですが(^^;)


さて、今日は何故か練習で腕が
回る回る。


あれ? どうした???


肩甲骨がスムーズに動いて
いました。


肩甲骨と股関節は繋がっている
ので、股関節が硬くなってしまうと
肩甲骨も硬くなってしまいます。


同様に肩甲骨が硬くなると
股関節が硬くなります。


私は、股関節が凄く硬い
ので、最近は体幹トレより
股関節の動きをスムーズに
するためのストレッチを
していました。


昨日は花見に行って、凄く
歩いたためか、やけに
眠すぎてやっていなかった
ですが・・・


でも、股関節が少しずつ
柔らかくなったことで、
少し、肩甲骨も動くように
なったのかと予想しています。


あと、意識したのは背中の軸です。
正確には脊柱起立筋です。


この軸が真っ直ぐにブレない
ように意識していました。


これが良かったのかもしれません。


具体的にはストロークをする
ときに脊柱起立筋から腕が
動くということを意識しました。


また、感覚が変わります。
皆さんは、どんな意識を
していますか?


このおかげで腕に無駄な力が
入らなかったとも私は思って
います。


脊柱起立筋を意識してみては、
いかがでしょう?


無駄な力が入らなかったから
なのか、60分に練習時間が
増えてもしっかり、腕が
持ちました。


腕に感謝です。


脊柱起立筋は身体を支える
筋肉がたくさんあり、疲れ
やすい筋肉でもあります。


必ず、練習を始める前は、
ほぐしてスムーズに動く
ようにしておく。


また、練習後はしっかりと
脊柱起立筋をストレッチ、
ケアしておきましょう。


本日のメニューはこちら
です。


■UP
100×2 choice

■kick
100×4 IM順
(ビート版あり。Bcは
Noboard。1バタ、1バック、
1ブレ、1フリ)

■pull
100×4 Fr
(片手ストローク【右、左】
スカーリング、H-Up)

■Swim
100×4  IM(easyはFr)
(1H-1E-1H-1E)

75×4 IM switch

50×4 2セット
(1セット、IM。2セット、Fr Des)

■down
100×1

アップとダウン入れて
total:2200m


なんだけど、今日のメニューは、
腕にあまり疲れがないからか、
2000も泳いだ気がしませんでした。


どこで力を入れるか、どこで
力を抜くかを考えることで、
消費を抑えることができます。


皆さんも一緒に追求しましょう。


いよいよシーズンの幕開け!
新しい競泳水着でレースに
挑むと気持ちも引き締まるかも?!


レディース 2018年限定カラー


メンズ 2018年限定カラー