マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

基本だけど忘れていたキャッチのタイミングとプッシュ

皆さん、こんにちは。



いつもお読みいただきありがとう
ございます。



このブログを読んでくださる方も増えて
嬉しいです。



今後ともよろしくお願いします。




さて、今回は基本のことで初心者の時には
よく言われていたことを皆さんとシェアして
いきますね。




昨日の練習でなんで気づかなかったんだ??



と思いました。




初心者のほうが知っていて意識している
かもしれません。





泳ぐときはタイミングが凄く重要です。




息継ぎのタイミングだったり、キックと
ストロークのタイミングなどいろいろ
あります。




その多くはタイミングが早くて水の
抵抗を受けやすくなり、苦しくなります。




だから、タイミングを遅くすることで、
改善できることが多いです。




その中でキャッチからプッシュにかけても
タイミングがあります。




特にキャッチのタイミングが重要なんです。




キャッチを変えるだけでタイムも変わります。



ちなみに私も半フリのタイムが2、3秒
変わっています。




キャッチをするとき、どこまで水を
つかみますか?




私もそうだったのですが、考えてみれば
初心者の時にはそう教わった気がしました。




キャッチをするとき、胸あたりまでしか
水をつかんでいない時が多いんです。



これだとプッシュが弱くなって
しまいます。




これはプッシュにいくタイミングが早い
ということです。



これをしっかりお腹、もしくはおへその
あたりまでつかんだ水を離さずに持って
くると推進力が増し、体重移動もできます。




そして、スーッと伸びます。



つかんだ水がお腹のあたりで当たる感覚が
あればOKです。



イメージとしてはバランスボールを抱える
感じでキャッチからプッシュにいきます。



これはスカーリングの練習をしていないと、
忘れていたことに気がつかなかったです。



前だけでなく胸、お腹あたりでも
スカーリングの練習をし始めて
わかりました。



皆さんもいろいろ考えながら
練習すると忘れていたことに
気が付くかもしれませんよ。




【水泳練習用具】【85ZB750】MIZUNO(ミズノ) プルブイ(ビート板兼用タイプ)

価格:2,808円
(2017/10/28 08:02時点)




【水泳練習用具】【SD91A02】SPEEDO(スピード)TECHパドル

価格:2,484円
(2017/10/28 08:05時点)