マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

改めてストリームライン

お盆は私の通うジム自体が
お休みなので、泳げていません。



まぁ、体を休める期間だと思って
ゆっくりしていました。



そして、改めてストリームラインは
大事だということを感じました。



ある、おばさまが何度も泳ぎ方を
聞いてくるのですが、基本の
姿勢、ストリームラインと呼吸が
出来ていなければ、いくら泳いでも
意味がないんですよね。




それを何度も説明しているけど、
なかなか理解してもらえない様子。



ストロークやキックは姿勢や呼吸が
出来て、初めて楽にできるんですよね。



ストリームラインを長くキープできるか
呼吸はしっかり吐くことを重視して
できるか・・・



これが鍵です。



しかーし、私もたまに疑問に思いますが、
正しいストリームラインってどうやるの??



そこから、奥深く突っ込んでいかないと
いけません。



そこから・・・???



と思っている方もいるかもしれません。



意外と正しいストリームラインって
難しいんですよ。



もちろん、呼吸も大事なのですが、
今回はテーマをストリームラインで
やっていますので、ストリームラインを
中心にお話しまーす。



正しいストリームラインってどうやると
思いますか?



陸上でも気づいたときに意識しないと
水の中でもできませんので、日常から
常に姿勢を意識してみてください。



まずはストリームラインを作ってみて
下さい。



腰が反っていませんか?



反り過ぎていると腰を痛める
原因になりますので、反りすぎに
注意しましょう。



そして、いつも言われているのは、
お腹ですね。



お腹を凹ませてくださいと良く
説明されます。



そして、お腹を凹ませると、
お腹ばかりに力が入ってしまって
緊張してしまい、スムーズな動きが
出来なくなります。



お腹を凹ませるというと、ドローインを
思い出しますが、よーく考えてみましょう。



お腹だけ凹ませたら、お尻は後ろに飛び出て
しまいます。



それでは良い姿勢とは言えませんね。



正しい姿勢というと、身体の前側だけ
意識してしまうことが多いです。



胸を張る、お腹を凹ませる・・・



前側は凄く意識していますが、
背中などの後ろ側は全く意識して
いないことが多いんです。



私に泳ぎ方を聞いてきた、おばさまも
後ろ側を全く意識しなかったんですね。



重要なのは後ろ側なんです。



まずは、真っ直ぐ、直線になる姿勢を
するには、体全体をどう使うか、これが
大切です。



そして、身体の前側だけでなく後ろ側も
しっかりと意識してストリームラインを
作ってみてくださいね。



また、日常からその姿勢を気付いたときには、
意識してみてくださいね。



競泳に限らず、スポーツすべて、また、健康な
体作りにも正しい姿勢は大切です。



正しい姿勢と悪い姿勢がわかるサイトが
ありましたので、リンクしておきます。



正しい姿勢、悪い姿勢の例はこちら




水泳ストリームライン改善プログラム~理解して上達できる「姿勢」トレーニング~

価格:9,500円
(2017/8/15 18:17時点)



正しい姿勢のための正しい姿勢を
するためには背泳ぎが大切です。

背泳ぎスピードアップ・プログラム~本気で背泳ぎのスピード・アップを目指すマスターズ選手、競泳選手へ~2枚組DVD

価格:19,860円
(2017/8/15 18:18時点)