マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

キック

こんにちは。



ずっと競泳のことしか
考えてません(笑)



私はドリル系が苦手なので、
ドリルの練習をしているときは、
遅いけれど、スイムになると
ドリルの練習の時よりも全然、
速くなります。



でも、逆にドリル練習は速いけれど、
スイムになると遅くなるという方も
多いみたいです。



それってなんでなんですかね。



ドリル練習であれば、一番得意な
フリーでさえも遅くなってしまいます。



そして、特にキックがメチャクチャ遅い!!



いや、スカーリングもプルも片手ストローク
全部遅いんですが・・・(^^;)



まずはキックを根本的に変えないと
いけないなぁと考えています。



で、キックで大事なのが足首の柔らかさ。



足首、硬いんですよね(^^;)



足首回したりしているのに、柔らかく
ならない・・・(^^;)




といっても、足首が柔らかくても
使い方を知らなければ意味がありません。



まず、そこから直そうとキックの
やり方を1から勉強し直しています。



サッカーボールは足の甲で蹴りますよね?



決してつま先では蹴りません。



それと同じように足の甲で水を蹴ります。



というのが、普通ですよね。



ん? よーく、考えてみましょう。



足の甲で蹴るとき、足首はどうなっている
でしょうか?



ここまで理解してやらないと、きっと
キックはうまくなりません。



私の場合でいうと、足首の使い方が
違っていたんですね。



足の甲で蹴っていなかったし、
足首が曲っていなかったです。



どういう時に足首を曲げるのかなど、
使い方が違っていたようです。



使い方からまた、やり直さないとなぁ・・・



アリーナ (arena) ビート板 ARN-100 [分類:水泳・水球 ビート板]

価格:2,505円
(2017/8/8 22:18時点)



【水泳練習用具】【85ZB750】MIZUNO(ミズノ) プルブイ(ビート板兼用タイプ)

価格:2,808円
(2017/8/8 22:22時点)