マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

キックは柔らかくしなるように

こんにちは。


とうとう世界水泳が終わって
しまいました。


終わってしまうと寂しいですね。



さて、世界水泳が終わったので、
私も大会に向けて追い込んでいきます!!



この記事でも何度か書いたと思いますが、
私はS1でもキックの練習がダメで、キックの
練習はかなり遅くなります。



苦手な科目はプルでも苦手なので、
遅くなりますが、S1に関しては
キックの練習とは別の人がやって
いるのかというくらい、違ってきます。



フリーは私のS1なんですが、キックは
ダメダメなので、皆と練習するときは、
絶対に下がります。でも、プルの練習の
時には先頭をやる時もあります。




キックの練習は凄く大事ですし、
キックでもしっかりと推進力を
生み出さなければ、ある程度、
速い泳ぎはできません。



でも、ストロークに合わせたキックで
ないと速く泳げないし、楽にも泳げ
ません。



キックもむやみにはできないんですね。



最近は、ブレストでさえキックよりも
プルと言われてきているので、キックは
柔らかくしなるようなキックで速くする
ということが、理想です。



そして、今までは膝を真っ直ぐ伸ばすと
言われてきましたが、真っ直ぐに伸ばして
やると、棒キックになってしまい、しなやかさが
なくなってしまいます。



やはり、キックも基本が大事で細かいところまで
チェックすることが大切です。



まず、キックは膝は曲げていいです。



前回も書いたような記憶があるのですが、
わざと膝を曲げてキックすることによって、
足の甲で水を捉える感覚を身につけ、足首を
上手く使えるような練習になります。




それと、もう一つ。



これは特にフリーに言えるキックなのですが、
水面でキックすることで、フラットな姿勢、
つまりストリームラインを作ることができる
ようです。




そのため、今のキックは水面であって
水の中でキックではないということです。




これは、たまたま本屋に行って立ち読みして
いたときに見つけました。




この本の著者は、世界水泳でもチラッと
姿を見せていたコーチです。




どのスイマーを指導していたのかは、
ちょっと定かではないですが、確かに
世界水泳でもいたコーチです。




その本がこちらです。

【中古】 最先端泳法『フラットスイム』でクロールがきれいに速く泳げる! /高橋雄介(著者) 【中古】afb

価格:999円
(2017/8/2 21:10時点)




足首を柔らかくしておくだけでも
キックが変わります。

体がよろこぶ超「足首まわし」 1日3分 [ ミッキー寺澤 ]

価格:1,188円
(2017/8/2 21:15時点)