マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

基本中の基本

今日は、私が練習をしているときに
話題となったことをブログでもシェア
していきますね。



競泳での一番の基本はストリームライン
ですよね。



ストリームラインからもう一度、作り直す
きっかけにしていただけたら嬉しく思います。



ストリームラインを一度、作ってみてください。




手を合わせて耳の後ろで伸ばしてなるべく
右と左の腕の幅を狭くしていませんか?



もちろん、ストリームラインの作り方は
正しいです。



ですが、その姿勢は窮屈ではないですか?
力んでいませんか?



いくら姿勢が正しくても、自分にとって
窮屈に感じたり、力んでしまうようでは
スムーズな動きが出来なくなります。



もし、窮屈の場合は、腕を耳の後ろに
するのではなく耳の横にしてみてください。



また、手を合わせるのではなく万歳の形に
してみましょう。



これで、楽になればOKです。



必ずしもいつも言われている基本の姿勢が
良いというわけでもないんですね。



何故、そういうことが起こるかというと、
可動域の問題なんです。



人によって可動域は違ってくるので、
無理に耳の後ろに置いて、手を合わせると
関節をロックしてしまい、動かなくなって
しまいます。



これが力む原因です。



腕を伸ばすときにも肘を完全にロック
するのではなく、関節は少し緩めて
あげることが必要です。



キックもそうですよね。膝まで
真っ直ぐにしすぎてロックして
しまうと棒キックになって
しまいますよね。



なんでもそうですが、真っ直ぐに
しすぎるとロックがかかってしまい、
無駄な力みが出てきてしまうんですね。



だからといって完全に力を入れないと
いうわけではないですが、ロックを解除
してあげるだけで、自然と入れなくては
ならないところに力は入ります。



だから、そんなに力を入れなくても
いいんですよ。



と言ってもなかなか力みをとるのは、
難しいですよね。



そこで、泳ぐ前と後に力みをとるために
体を揺らしましょう。



メジャーで活躍するマエケン体操が
流行ましたよね。



見た目は面白い格好になっていますが、
実はリラックスさせて力みをとって
くれるんです。



だから、体を揺らして力みをとってから、
泳ぐと身体が力みをとることを覚えてくれて
力まずに泳ぐことができます。



そして、泳げば筋肉は疲労しますので、
泳いだ後は、また、ブラーンとさせて
揺らしてみましょう。



疲労を回復させてくれます。



競泳の練習よりも大事なのは、
身体のケアをして力を緩める
ことのほうが大切なんです。



力を入れることではなく力みを
とることもトレーニングのうちです。



関節を緩めるということを意識して
みませんか?



身体を緩めて力みをとり、気持ちよく
ストレッチができます。

ストレッチポール LPN正規品 ストレッチポールEX正規品 ネイビーブルー マニュアルDVD付き【送料無料】【smtb-k】【ky】

価格:9,180円
(2017/6/24 21:12時点)




こちらも力みをとってくれます。
ミニバージョンです。

【送料無料】ヨガポール ストレッチ フォーム ローラー【ソフトとハード2点セット】【コンパクト】【収納ケース付】ヨガローラー ポール ヨガ フォームローラー 筋膜リリース ローラー 腹筋 体幹トレーニング 器具 ダイエット ポール ストレッチ【佐川急便】

価格:1,980円
(2017/6/24 21:14時点)