マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

壁が越えられない

なかなか壁が越えられない・・・



50m3本2セット、DESで
練習しているときにいつも
思うこと。



DESはだんだんスピードを上げて
いくという練習ですが、40秒までは
だんだん上げていくことができるの
ですが、35秒、30秒と縮めることが
なかなかできません(^^;)



50mを35秒で泳ぐだけでも100mでも
大幅にタイムが変わります。



今、そこを目標にしているわけですが、
なかなか簡単に上がっていかない・・・



キャッチの練習は必要ですが、キャッチ
だけでは足りないのかもしれませんね。



大会後、50mのDESとhypの練習を取り入れて
やっていますが、その中で何が違っている
のかに気づけば、スピードは上がっていきます。



コーチつきでマスターズの練習会をすることも
ありますが、実はフォームのことについては、
あまりアドバイスをくれないので・・・(笑)



自分で気づくしかありません。



スポーツクラブで泳いでいる人は、
ビデオも撮ることはできません。
(別途料金でビデオを撮ってくれる
ところもありますが、ないところもあります)



だからこそ、自分で気づくしかないのですが、
これも思考法を変えることが大事なのかなぁと
思いました。



どうしたら、もっと推進力が出る・・・?
どうしたら、もっと速くなる?



これを考えることも大事です。
大事ですが、この考え方だと脳は推進力がない、
速さがないと「ない」と判断するんですね。



「ない」と判断すると、「ない」答えを出して
しまうようです。



そのため、今、あるものに意識を向けると
良いらしいです。今、あるものに意識を
すると「ある」と判断し、今、あるものの
解決策を見出してくれるそうです。



だから、どうすれば自分の泳ぎを取り戻せるか、
自分の持つ良い泳ぎをもっとよりよくするためには、
どういう戦略がいいかという思考が大切なようです。



今、自分にあるものを追い求め、自分にあるものを
改善していくと、もっと速くなるだろし、メンタル面
でもブレないですよね。



昨日の世界卓球を見ていて、解説の方が言っていた
言葉を見てそう感じました。



ないものねだりしても仕方ないですもんね。



よく考えたらトップアスリートも自分に今ある
もので戦略立てますしね。



相手を研究して真似をするのもありですが、
研究して自分の持っているもので、どうやって
勝つか・・・



これを考えるのも楽しいですよね。



今度はそういう戦略でいきたいと思います。



抵抗の少ない泳ぎ方を身につける

水を制する“水泳進化論”~理解して上達できる「姿勢」トレーニング~[水泳 711-S 全1巻]



711 水を制する“水泳進化論”~理解して上達できる「姿勢」トレーニング~



≪Yahoo!!ショッピング≫水泳上達トレーニングマスターズ向け