マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

無心

皆さん、こんにちは。

 

無心になることで、プレッシャーから

解放され、こうやろうという意識が

強くならずに集中できて良い結果と

なることがあります。

 

フィギュアスケートの羽生君の試合を

見て感動しました。

 

ショートで失敗したけれど、フリーでは

完璧な演技を見せてくれましたよね。

 

 

そのとき、メンタル面も見えたような気が

します。

 

 

>一流アスリートが実践!自分を操るメンタル強化法 [ 浮世満理子 ]


感想(0件)

 

羽生君ほどの人になるとプレッシャーも

多くあるし、 ベストを意識しすぎることも

あるでしょう。

 

 

そうすると、のびのびとした演技ができなく

なってしまいますね。

 

 

だからといって楽しくやろうと意識しすぎて

空回りしてしまうこともあるようです。

 

 

だから、何かやるときには無心になった

ほうが集中でき、良い結果になると、

私は思うんですね。

 

 

これは、どのスポーツでもそうですし、

仕事でもそうだと思うんです。

 

 

では、無心になるにはどうするの??

 

 

ということになりますよね。

 

 

これもまた難しいんですよね。

 

 

よく言われているのは瞑想です。

 

 

でも、瞑想でもあれこれと考えて

しまって結局、瞑想になっていない

なんてこともありますよね。

 

 

無心になるためには、どうするか・・・

 

 

夢中になることができれば、

無心になれるかもしれません。

 

 

が、夢中になるというのも

また難しくなるんですよね。

 

 

人間には感情が伴います。

 

 

嬉しいことも楽しいことも

悲しいことも辛いことも

感情です。

 

 

この感情とやろうとしている

意識と一緒にしてしまうと

空回りしてしまうんですね。

 

 

だから、感情と今やろうとしている

こと、研究、勉強、仕事などでも

そうですが、感情が入ると冷静さを

失い、結果が出なくなってしまうことが

あります。

 

楽しくやろうという意識も大事です。

 

でも、今、やっているものがあるときは、

感情と今、やることを分けて考えたほうが

無心になるような気がします。

 

 

感情に振り回されないように、

感情をまず断捨離しましょう。

 

 

感情があるのは人間としては、

当然ですが、感情に流されないように

していきましょうね。

 

 

あっ、それは私でした。

 

 

説明しにくいですが、何かするときは

無心が良いかもしれません。

 

 

 

>無心のすすめ [ 永井宗直 ]

価格:1,188円
(2017/4/4 20:43時点)